人気ブログランキング |

神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ
2019年2月16-17日は冬山教室最後の実技となる修了山行へ。
最初の予定は伊吹山で1泊の予定でしたが、ほぼ雪がないとの情報により
急遽、荒島岳に変更となりました。

受講生2名、スタッフ4名で勝原スキー場跡地より9:00頃スタート。
登り始めは気温高めで汗をかきながらでしたが、雪は十分にありました。

d0264710_02095420.jpg
3時間程でテント泊予定地のシャクナゲ平に到着。
すでにテントがあったので少し降りたところにテントを張りました。
前回に引き続き2回目のテント泊なので、素早く設営できました。
ガスって気温も下がってきたので、この日は早々にテントの中で宴会モードに。

翌日は3:00起床、早朝5:30頃スタートです。
まだ真っ暗な中ヘッドランプをつけて山頂を目指します。
いきなり核心部のもちが壁がでてきます。
受講生の中には暗闇の山の中を歩くことが初めてで、
しかも急な雪の斜面をアイゼンで登らなくてはいけない状況。
なかなか上手く足がすすみませんでしたが、アイゼンワークを指導しながら
頑張っていただきました。
d0264710_02222296.jpg
山頂には7:00頃到着。
徐々に夜が明けてきましたが、残念ながらガスっていて、山頂でもまったく景色はみれず。
d0264710_02233058.jpg
山頂からの下山時は完全にホワイトアウト状態となり、ルートファインディングの練習になりました。
d0264710_02245480.jpg
その後徐々に晴れてきて、8:00頃にテント場に戻ると青空が
d0264710_02271278.jpg
テント撤収後9:15頃に下山開始。
下山時は遠くの山々も見ることができて、雪山ならではの絶景を味わえました♪
d0264710_02294094.jpg
11:00過ぎに登山口に無事下山。
実りある教室になりました。
帰りは温泉とおいしいお蕎麦屋さんに寄って、神戸へと帰りました。
d0264710_02305467.jpg

by koberozan | 2019-04-17 02:31 | 教室・講座 | Comments(0)

綿向山樹氷ハイク


2019年1月26日(雪)
メンバー:7人
コース:御幸橋から綿向山山頂ピストン

綿向山は蒲生スマートICから30分ほどアクセスがいい。
悪天候の予報であったが、御幸橋駐車場には結構車が止まっている。
さすが人気の山だ。

d0264710_20511002.jpg
30分ほどうっすら雪の林道を歩くと登山口です。
d0264710_20544124.jpg
ここ
ここからは杉の植林帯のジグザグの登りが5合目まで続きます。
五合目避難小屋、中は7-8人は休憩できます。トイレはありません。
d0264710_20573240.jpg

















五合目からは積雪も増えてきました。7合目まで歩きやすい雪道です。
d0264710_20593537.jpg

















7合目からは尾根の急登になるので、ここでアイゼンを装着します。
d0264710_21024850.jpg


















9合目までは尾根沿いに登ります。夏道は危険なのか通行止めの標識がありました。
9合目からは樹氷のトンネルを歩きます。
d0264710_21051646.jpg

















綿向山山頂は風雪が強くて、視界もまったくありません。
d0264710_21050210.jpg

















写真を撮ったらすぐ下山します。
d0264710_21054204.jpg


















d0264710_21055534.jpg


















7号目まで下りてくると風もなくなったので、祠の前で休憩昼食です。
d0264710_21115368.jpg

















あとは駐車場まで一気に下山です。
午後2時には駐車場に戻ってきました。

帰りは竜王IC近くの『蒲生野の湯』に立ち寄り湯、
26日は風呂の日で800円⇒500円、

お天気は悪かったですが、十分雪山を楽しめました♪







by koberozan | 2019-01-28 21:17 | 雪山登山 | Comments(0)
2019年1月20日、兵庫県宍粟市と鳥取県八頭郡若桜町にまたがる標高1,358mの山『三室山』にて雪山実践練習です。
受講生3名とスタッフ7名です。
今回は日帰りで雪山での読図(コンパスを使って進む方向を確認、地形の特徴、標高の確認など)ラッセル、スノーシュー・わかんの練習が主でした。

予報通り、朝から雨がふり登山開始の時は少しやむも、その後も小雨が降ったりやんだりの、いまいちなお天気の中でのスタートでした。
でも気温が高めで雪が50~70cm程積もっていたので、実技練習はしっかり行えました104.png

d0264710_01381099.jpg

ポイント、ポイントで受講生に地形図を確認してもらい、進む方向を決めてもらいました。
d0264710_01361981.jpg
徐々に急斜面に。できるだけトレースをはずして歩くようにしてもらいました。
d0264710_01390785.jpg
もうすぐ山頂です
d0264710_01395029.jpg
予定通りの時間に山頂に到着♪残念ながら山頂はガスて視界不良、風も強いため記念写真を撮ると、すぐに山頂下の風をよけれる場所へ移動し、昼食をとりました。
d0264710_01422175.jpg
下山はあっというま。トレースのない好きなところを気持ちよく下りました。
そして予報通り昼過ぎから晴れ間が。
d0264710_01433727.jpg
下山後はビーコントレーニングも行い、予定通り充実した実技内容となりました。


by koberozan | 2019-01-26 01:45 | 教室・講座 | Comments(0)

八ヶ岳:赤岳

2018年1月6日~8日

Hさんの「八ヶ岳を楽しもう」に参加、
メンバー11人で赤岳鉱泉に宿泊、うち7人で赤岳に登ってきました。

6日曇り 美濃戸口---赤岳鉱泉 周辺散策(中山展望台) 雪上訓練
今年は雪が少なく、美濃戸で5cmぐらいです。
ゆっくり登って昼前に赤岳鉱泉に到着
赤岳鉱泉のシンボル、アイスキャンディ
d0264710_22522582.jpg

















今回メンバー11人で個室確保してくれてました。
昼から周辺散策したり、ジョウゴ沢へアイスクライミングしたり
各自で雪山を楽しみます。

私たちは4人で中山展望台へ、
d0264710_23103906.jpg


午後2時半からは雪上訓練です。
d0264710_22523904.jpg
4時には部屋に戻って懇親会
d0264710_22525155.jpg

1月7日 晴れ
赤岳鉱泉---行者小屋---地蔵尾根---赤岳山頂---文三郎尾根---行者小屋---中山展望台---赤岳鉱泉

朝食は6時からでしたが、かなり混雑していて出発は7時30分になってしまいました。
急登の地蔵尾根を一番ペースの遅い人に合わせてゆっくり登ります。
d0264710_22530481.jpg
後ろに見えるのは阿弥陀岳です。

赤岳山頂への最後の登りです

d0264710_22535557.jpg
山頂に着いたとき、赤岳主稜線を登攀中の2人見つけました。
Oさんが最後のビれーをしているところ右真ん中、みえるかな?
d0264710_22545242.jpg

















三叉峰ルンゼを登攀している2人は間に合いませんでしたが、9人で記念撮影
d0264710_22582372.jpg
山頂から富士山
d0264710_22550872.jpg
山頂から阿弥陀岳
d0264710_22550163.jpg
お天気に恵まれ全員登頂を喜び乾杯!。
d0264710_23010989.jpg
赤岳鉱泉の今日の夕食はなんと霜降りステーキでした♪
d0264710_22593608.jpg
お肉苦手のHさんには海鮮焼きです。
d0264710_22592641.jpg
1月8日 曇り
お天気が下り坂ということで今日の予定の硫黄岳は中止して下山です
d0264710_22594786.jpg
お天気に恵まれそれぞれに楽しみ、大満足の八ヶ岳でした。




by koberozan | 2018-01-15 23:45 | 雪山登山 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan