神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

月見キャンプ

ハイキング例会
月見キャンプin摩耶山
2015/9/26-27

久しぶりの六甲山キャンプに多くの方が参加しました。
本体組は菊水山~摩耶山へ。
その他各コースから摩耶山に集合でした。
掬星台から徒歩5分、ホテル ド 摩耶でお風呂に入り、さっぱりしました。
摩耶からの夜景は素晴らしく、1000万ドルの夜景とも言われ、日本三大夜景にも入っています。

d0264710_23111439.jpg

d0264710_23123510.jpg

お楽しみお鍋はミルフィーユ鍋です。
d0264710_23145779.jpg

わいわいがやがや、楽しい宴会になりました。
d0264710_23171769.jpg

締めはうどんですぐに無くなりましたが、「だれかおにぎり持ってないの!」半ば恐喝気味でおにぎりも鍋に入りました。

食事の後はビバーク体験で各自がツェルトを張ります。
d0264710_23215956.jpg

綺麗に張れたツェルト。「誰の?」↑
d0264710_23242499.jpg

こっちは「誰の?」・・・・悪戦苦闘・・・↑
d0264710_23254822.jpg

マイテントも有です。

かくしてそれぞれのツェルト、テントで皆さんおやすみ。

翌日は別々のコースで下山。
本体組はハーブ園で癒され下山しました。
[PR]
by koberozan | 2015-09-28 23:32 | ハイキング | Comments(0)

北鎌尾根

【日程】2015年9月18日前夜発~9月21日
【メンバー】4名

【1日目】中房温泉~大天井ヒュッテ~貧乏沢~北鎌沢出合
天気は快晴\(^▽^)/シルバーウィーク初日ということもあってたくさんの人です。さすが表銀座ルート。行列を作ってゆっくりと登っていきます。この登りでメンバーにぶっちぎられて、さようなら~状態になるかなとちょっと思っていたけど、行列のためそうとはならずのんびりペースで歩けていい感じ。目前には今年初めて見る紅葉が広がっていてテンションもUPします。
d0264710_2021070.jpg
合戦小屋に近づき始めると下山者の方たちから、「もう少しでスイカがありますよ!」とか「人生で食べたスイカの中で一番おいしかったよ!」(ほんまに?)とか声をかけられ、“うーん、でもスイカたったの一切れが800円ってどうなん?!”と思いながら、小屋のスイカ売り場で大きさチェック。思ったよりも大きいかも~(手に持っているスイカx2切れ分)これは買いやね、ということでスイカを食べてニコニコ(カメラの設定がおかしくて漫画ちっくなお二人です)
d0264710_20245920.jpg
燕山荘に着くとまだお昼前。まだまだ先は長いです。白い花崗岩と燕岳が見えています。
d0264710_2028095.jpg
これから先は少し稜線歩き。景色がいいし、気持ちがすごくいい~♪目指す槍も見えています。
d0264710_20285988.jpg
大天井ヒュッテから喜作新道を南に歩いて貧乏沢入口へ。せっかく登ってきたけど、標高2500メートル程の稜線から一気に800メートルくらい貧乏沢を下る急勾配で大きな浮石がゴロンゴロンとたくさん。動くたびに全部落石になりそうで嫌なんですけど。
d0264710_20445095.jpg
貧乏沢の下り、長いよ~
d0264710_20515546.jpg
何度か石に蹴躓き濡れた倒木に滑りながら、ようやく天井沢出合を経て北鎌沢出合に到着。初日はここでテント泊です。貧乏沢では誰にも会わなかったけれどテントがちらほら。テントを設営したらまずはこれから♪
d0264710_224851.jpg
Iさんは大きいボトルの白州ウィスキーを持参、私たちもたくさんご馳走になりました。めっちゃ贅沢~(o^-^o)それにしてもボトルごと担げる体力がうらやましすぎる。白州ボトル以外にも何やら重そうなものがザックからいろいろと出て来てたし。

【2日目】北鎌沢出合~北鎌のコル~独標~槍ヶ岳~殺生ヒュッテテント場
2日目もいい天気\(^▽^)/ まずは北鎌のコルまで北鎌沢を登り返しの急登約2時間半。北鎌尾根ではこの先水場がないので水をたっぷり担ぎ、手をついて草などを掴んでよじ登っていきます。しょっぱなからかなりの疲労。。。
d0264710_2102096.jpg
北鎌コルを抜けると、いよいよ北鎌尾根取りつきの開始です。北鎌尾根は15のピークで構成されており、まずは独標(P10)を目指します。
d0264710_21163955.jpg

d0264710_2119566.jpg
独標はトラバースルートで進みます。事前のコース研究情報の通りフィックスロープがでてきて、逆コの字の岩を過ぎていきます。まずまず順調♪
d0264710_21532456.jpg
独標のピークに登って休憩。目の前には槍ヶ岳!
d0264710_21371061.jpg
見渡す限り山、山、山。硫黄尾根もかっこいい。早朝から登りばっかりで疲れていたけれど景色に癒されてちょっと(気分だけ)復活。
d0264710_21325316.jpg
これから先はずっと槍を見ながら進みます。いつもと違う角度から見る槍ヶ岳は何だか特別な感じがします。
d0264710_21424384.jpg
P11-12と進んでP13は白いザレ場。トラバースをしすぎて登り返しをするけれどこの登り返しが結構きつい!落石にビビりながら集中して歩きます。“落ー!ラーク!”という他のパーティの大きな声が時々聞こえて来る。振り返れば少し前に歩いていたところの真上から大きな石がものすごいスピードで何個も落ちまくっているのが見えます。
“えー!あんな落石、逃げようがないしアカンやつやん。当たれば終わりやん。。。”と思いながらこの辺りでは何だか必死。トラバースと直登みたいなのを登り返しでヒラメ筋にくる~Pいくつなのかもいまいちよくわからんよ。。。
d0264710_21404160.jpg
d0264710_20352929.jpg
ようやく大槍の基部に到着。最後は頂上を目指して真上に向かって登るのみです。
d0264710_22221011.jpg
チムニーをふたつ登ってそろそろ頂上のはず。山頂から私たちを見下ろす人たちの姿が見えました!もうすぐ~!
d0264710_21491337.jpg
ついに槍ヶ岳頂上!ヤッタね!!!
d0264710_2151974.jpg
頂上直下ではNさんは一人で難しいところからノーザイルで登ってきます。
かっけー!
d0264710_21464544.jpg
メンバーや知らない人たちとも喜びのハイタッチ。私はすっごく嬉しかったのと安堵からちょっと感涙(T-T)
d0264710_22254116.jpg
はしご順番待ちの槍ヶ岳を後にして、2日目は殺生ヒュッテでテント泊。裏計画では西岳テント場まで行くとかって話もあったけど、そんなのもう無理で~す。必死のパッチの一日が無事に終わりました。
d0264710_214822.jpg

【3日目】殺生ヒュッテ~横尾~上高地
3日連続いい天気\(^▽^)/最終日は一目散に下山。北鎌尾根のような滑落や落石の恐怖もなく、なんて平和な道なんでしょうね。
 
次はどこの山に行こうかな?(*^-^)
d0264710_2135678.jpg


ご一緒して下さったメンバーの皆さん、トレーニングでお世話になった皆さん、いろいろと本当にありがとうございました。

[PR]
by koberozan | 2015-09-27 22:43 | 縦走 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan