神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三角巾講習と新会員歓迎会
5/16元町~大龍寺~修法ヶ原

新会員の方の気持ちが天に届いたのでしょう、出発の頃には雨も上がり予定どおり行うことができました。
歓迎会対象者は4名、総勢11名もの方が参加しました!

清掃はいつものコースで、登山道にはほとんどゴミが落ちてない!
しかし道から外れるとバイクのメット、エンジンなど粗大ごみが目につきます。人力では回収不可能---
何故このような物が山に捨てられるのでしょうか(悲しいです---)

大龍寺でゴミを降ろし、修法ヶ原で歓迎会。
今回の歓迎メニューは『椀子素麺』
d0264710_2162479.jpg

錦糸卵が入った豪華版!

そして、三角巾講習会初級編025.gif
残念ながら日赤の講師が不在でしたが、講習会で学んできた方が指導してくれました。
d0264710_21123899.jpg


060.gif最後に定番の歌を皆で歌って、記念写真
d0264710_2114304.jpg


楽しい歓迎会になりました~041.gif
次回は中級編かな??
[PR]
by koberozan | 2015-05-19 21:23 | ハイキング | Comments(0)
①登った山:赤谷山と白萩山と赤ハゲと白ハゲと池平山
 次回のお楽しみに取っておいた山など:劔岳(小窓の王、三ノ窓、池ノ谷ガリー、早月尾根)
②メンバー:Rさん、Hさん、Mさん、Tさん、HIの5人
③目的:春の劔(赤谷尾根~北方稜線~早月尾根山行)を楽しむ
④日程:5月2日~5日


 1日の夜神戸を出発し、途中のサービスエリアで、Hさんが持ってきてくれた「かしわ餅」を食べ、「端午の節句」を皆で感じながら馬場島に到着した。(Hさんありがとう!)
仮眠を取ったあと、ゆっくり出発。
いいお天気だ。これからどんな風景がひろがるんだろう!?とわくわく・・・・。
「わかん」を持っておいで・・・・・と現地からは指示されていたが、雪はとても少なかった。
d0264710_21492057.jpg

そして・・・・こんなに藪こぎに苦しめられるなんて・・・・・と思うくらい苦しめられた。
私は今回、軽量化のために新しくファイントラックの雨具を購入していたが、同行者からは「そんな薄いカッパは、藪こぎですぐ破れるぞ!」と脅かされ、ヒヤヒヤしていたが、なんとか破れることはなかった。(´▽`)

藪こぎには苦戦を強いられたが、しばらく急登を行けば、劔岳が出現し、ずーっと私たちの目を楽しませてくれた。
d0264710_21535015.jpg

d0264710_2374095.jpg

 みんなで劔をバックに記念撮影
春山を越して、夏山かと思うくらいに暑い日差しの中、ひたすら歩き、高度を上げていった。

d0264710_224452.jpg

1900m付近の本日のお宿。
劔岳を見ながら、かんぱーい!
1つのテントで5人寝られるか?と不安はあったが、軽量化のため皆の思いは一致した。
荷物はツェルトへ。Rさんが手際よくツェルトを作ってくれた。(いつもありがとうです)
d0264710_22103924.jpg

5人で1テントは、思った程大変ではなく、結講快適でした。(もちろん、誰がどこに寝るか、自分のベッド確保?場所取りのバトルは結講凄まじく・・・・・・・でも結講みんなぐっすり寝てましたよね!?たくましい!!)
d0264710_22155299.jpg

そして観た夕日
d0264710_22164725.jpg

振り返れば月と劔

5月3日晴れ
3時に起き、5時出発
また、藪こぎが始まる。
懸垂下降地点に着いたが、ロープの長さが足りず、登り返して尾根を藪こぎするか・・・・という意見も出たが、なんとか懸垂下降を2回すれば降りられそうな場所を発見した。(ヽ(;▽;)ノ)
d0264710_22204454.jpg

d0264710_22253688.jpg

おりま~す
なんとか懸垂は1回ですみ、後は雪渓をひたすら後ろ向きに降りた。
そして、降りた後はまた急登が待っていた。しんどーい。
少し登ると、Rさんが、「水を作る!」と言い出し、ガスとコッフェルを出し、雪をとかし水を作った。
喉がからからだったので、とっても美味しかった。
水をたらふく飲んだあと、「よし!頑張るぞ」と歩き始めたところ、またもやアクシゼントが・・・・。
「アイゼンがない!」・・・・「え~!!」
「雪渓を下りてくるまではあった」とのことなので・・・・・
d0264710_22361379.jpg

Rさん、とぼとぼ、来た道を引き返しアイゼンを捜索。がんばれ!
そして、藪こぎとアップダウンを繰り返し、さたすら池ノ平山を目指した。
小窓尾根や早月尾根や劔尾根の眺めは、心を癒してくれた。
d0264710_22401985.jpg

池ノ平山は遠かった

もうへろへろ状態だった。
本日のお宿は小窓の少し手前(もちろん、ここもロケーションは抜群)
夜、今後の行動についてみんなで検討したが、悪天予報のため、予定を変更して下山することにした。
案の定、朝は雨がぱらついた。
そしてみた風景
d0264710_22461100.jpg


下山も、雪が少なくシュルンドができ、うまく下山できるか・・・と思われたが、渡渉もほとんどなく無事下山できた。
d0264710_22483037.jpg

こんなシュルンドができてました

今回は想定外の藪こぎに苦戦を強いられましたが、ぐんぐんと大きくなってくる劔岳や、小窓尾根や早月尾根を眺めながらの稜線歩きはとっても楽しかったです。
今回も、Rさんのアイゼン無くしかけのアクシゼントの他、ルベルソ落としや落としたストックを後続メンバーがうまく回収したにも関わらず藪こぎで一部を紛失するなど、ハードな山行となりました。
雪の状態、天候などによって変動する状況にどう対処するか、ほんとうに自然の中で遊ばせてもらっているなぁ・・・と感じる山行でした。よく重いザックを背負って頑張ったと思います。無事下山できた事、充実した楽しい時間をともに過ごせる仲間が居ることに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
また来たいです。


d0264710_2316483.jpg

また来ま~す
[PR]
by koberozan | 2015-05-09 23:18 | 雪山登山 | Comments(0)

春の白山登頂

2015年5月2日~5月5日
会員9名

初級雪山のスキルアップを目的に春の白山にいきました。
市ノ瀬から約2時間車道を歩いて登山口の別当出合に到着。
冬靴で車道を歩くのは結構しんどかったです!
d0264710_16362032.jpg


全然平気だった人とそうでない人と分かれましたが、私にとって一番の難所は整備されていない橋を渡ることでした。バランスを崩さないよう慎重に真ん中の鉄筋の上を歩きます。
d0264710_16424255.jpg


一日目は初夏のような晴天で雪上トレーニングもできましたが、二日目は予想どおり雨で視界の悪い中歩きました。コンパスの重要性を実感しました!
d0264710_1645325.jpg


雨の中でも無事ピークを踏むことができて満足!
d0264710_16472593.jpg


三日目は晴天で、下山途中にプチ雪上トレーニング(滑落停止&トラバース歩行)もできて充実した山行になりました。
d0264710_16484734.jpg

[PR]
by koberozan | 2015-05-07 18:00 | 雪山登山 | Comments(0)

残雪期の西穂高岳

雪が少なかった西穂高岳2015/4/11-12
2月より募集してトレーニング、ミーティングを重ね、5名で残雪期の西穂高岳に登って来ました。

出発は第二ロープウェイの鍋平 
d0264710_13474695.jpg

その日は西穂山荘にテント設営後独標までの足慣らしです。
尾根上はほとんど夏道でした。
翌朝は快晴、絶好のアタック日和、独標から振り返ると乗鞍岳が朝日で赤く染まりました。
d0264710_13522559.jpg

これから登るピラミッドピーク、西穂山頂も輝いています
d0264710_13565372.jpg

さて、ここから気を締めて行きましょう。
独標の下りはゆっくり慎重に・・・
d0264710_1358149.jpg

なんかよくわからないままピラミッドピークに着きました。
ここまではたいしたこと無かったね----?うんうん----??
d0264710_1412818.jpg

少し先から振り返るとピラミッドピークに人が立っていました。
d0264710_1442410.jpg

そんな調子で山頂直下までやって来ました。山頂に人が見えます。
最後は直下の雪が付いたガリーを直登です。人が下りて来ていますね。あそこですよ!けっこう急やないの---
d0264710_149322.jpg

そして山頂に着きました。やった~!
穂高・槍ヶ岳----展望は最高!こんな日に登れるなんて、なんて幸せ---を実感しました
d0264710_14123819.jpg

d0264710_1424159.jpg

ゆっくり楽しんだ後は下山です。
沢山登って来ているので左の岩のところを慎重に下りましょう。
d0264710_1420464.jpg

ピラミッドピークまで戻って来ました。
d0264710_1426429.jpg

そして最後は独標です。
これを登り返せば危険なところは終わりになります。
d0264710_14285941.jpg


今回は雪が少なくて案外容易に山頂に立てました。
また違う状態の時に登ってみたいね~  それってもっと雪がある時----?
[PR]
by koberozan | 2015-05-02 14:16 | 雪山登山 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan