神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白山 静かな秋の山歩き

白山: 市ノ瀬~杉峠~三ノ峰~別山~市ノ瀬
2014/10/10~10/12
参加者:会員3名

3連休でしたが、台風が接近中で、予定を立てるのが難しい週末でした。

しかし、土曜、日曜は、お天気も良かったので、のんびりと快適な山登りを楽しむことが出来ました・・・と言いたい所ですが、実際はそうでも無かったのです(^^;

・金曜日の夜9時、神戸を出発して北陸方面に向けて出発です。

・快調に高速を進み、2時前に登山口、市ノ瀬の駐車場に着きました。
深夜の山奥にも関わらず、ガードマンが居て車の整理をしていたのには驚きました。さすがは、名実ともメジャーな白山です。駐車場の隅っこにスペースを見つけ、テントを張って仮眠です。思いの他、熟睡し5時半に起床。7時に出発です。

途中、視界が開けると、これから目指す、三ノ峰が遥か遠くに見えました。
d0264710_2156040.jpg


三ノ峰への景色の良い尾根道です。快適な様に見えますが、この時期にも関わらず、かなり暑かったです。2000m級の山ですし、寒さに対する備えはありましたが、暑さは想定しておらず、結構バテました(><)



【ところで、僕は白山に行くのは始めてなので、名高い白山がどんな山なのかと期待していました。前日、仕事で役所へ出かけた帰りに、ちょっと寄り道をして本屋さんへ向かい、山と高原地図「白山」を買ってきました。家で見る時間も無いので、通勤途中の満員電車で登山地図を読んでいました。周りから見れば、きっと変な人だったでしょう。ところが、そこまでして見ていた地図を、ザックに入れ忘れてしまいました(><)。しかも慌ててパッキングをしたので、やたらと荷物が多くなり重いですし・・・。まぁ、今回はベテランのお二人Oさん、Nさんとご一緒させて頂いたので問題は無かったですが、準備はしっかりしなければと反省です。】


まぁ、僕のドタバタはさておきまして、今回の泊地、三ノ峰避難小屋は空いていたし、わりと綺麗で快適に過ごすことが出来ました。


・翌日は5時過ぎに出発して、今回の最高地点である別山へ向かいます。稜線を雲が滝のように流れる滝雲が見られました。
d0264710_22101461.jpg



・日も昇り、別山の山頂はあと少し!!
d0264710_22183856.jpg



・山頂で記念撮影。さすがに風が強く寒いです(^^;  それでも、天気も良く、迫力のある白山がとても綺麗に見えて、テンションは高めです。
d0264710_22313328.jpg



・綺麗なブナ林の紅葉を見ながら下山です。
d0264710_22282336.jpg




今回の一泊二日の山行は、意外とハードでしたが(主な原因は僕が歩荷の目的で荷物を重くしたことによります)、天気にもメンバーにも恵まれ、秋の山を楽しむことが出来ました。
[PR]
by koberozan | 2014-10-19 22:42 | ハイキング | Comments(0)
9月20日(土) 晴れ
9月21日(日)曇り・晴れ・曇り・雨(夜)
参加者:会員4名


この夏の沢企画はほとんど悪天候で流れてしまい、今回の遠征(谷川連峰・利根川水系・湯檜曽川・東黒沢~宝川・ナルミズ沢)沢企画も雨予報・・・・。
でも、やっぱり沢に行きたい!とうことで、急きょ決めた代替の沢です。
当初予定していた沢は初級沢で、ナメのきれいな沢でしたが、代替企画は中級という事でちょっと緊張です。
泳ぎの苦手なOさんは、怖い!とちょっと尻込み気味でしたが、ロープでサポートしますという力強いリーダーの発言に、参加を決め、20日12時に4人で三ノ宮を出発。


 土砂崩れの為、車が進入できず、予定よりかなり手前から入渓地点まで歩くこととなりました。また、予定の入渓地点を見つけるのに、登ったり下ったりを繰り返し、かなりお疲れムードに・・・・。もっとしっかり遡行図や事前情報を集めておくべきだったと反省。

でも気を取り直し・・・・・遡行スタート!!

最初に見た「「魔戸ノ滝」は、流石にすばらしい滝でした。
これは滝だけ見ても、それだけの価値はある!というりっぱな滝。
d0264710_1726571.jpg


西種子川は、いくつもの滝がそれぞれ釜を従えた非常に美しい溪谷でした。
次から次へと現れる滝と釜・・・・。
d0264710_17272583.jpg


d0264710_17312075.jpg

d0264710_17322020.jpg


きれいな滝の下でお昼ご飯。
d0264710_17341555.jpg


でも、当たり前のことですが、りっぱな滝があるということは、高巻きがつきもの。
釜がるということは、泳いだりへつったりがつきものです。
d0264710_17345841.jpg

d0264710_17355429.jpg

トップは、やっぱりYさんに・・・・。いつもすみません!

d0264710_17373227.jpg

きれいにへつっていくOさん

車が進入できず、かなり時間的にロスをしたことと、入渓地点探しと高巻きが多くかなりヘロヘロ状態に・・・・。

でも、途中からは登れる滝も出現し、楽しく沢登りができました。
d0264710_17404620.jpg

d0264710_1741124.jpg


そして、なんとか1,050m地点で登山道に合流できそうだったので、遡行を打切り登山道へ。
暗くなる前に林道駐車場に到着できました。

次回は、西赤石山までつめたいな!!
前日は魚三昧、当日はすき焼き、帰りはMさんおすすめの讃岐うどん・・・・
がっつり食べて、今年最後の沢企画をしめました。
来年はいっぱい沢に行きたいな!!

やっぱり代替案企画はいろいろ準備など大変ですね。リーダーのMさん、装備や運転、当日のトップと何役もこなしてくださったYさん、同行していただいたみなさんに感謝します。
[PR]
by koberozan | 2014-10-05 18:09 | 沢のぼり | Comments(0)
北アルプス・後立山 針ノ木岳~爺ヶ岳縦走
日程:2014/9/12夜発~9/15
参加者:(L)K,S,M
アクセス:神戸⇔扇沢 マイカー

9/12 JR住吉駅20:10出発⇒扇沢駐車場 9/13 2:30 (車中仮眠)
9/13 扇沢駅6:35出発、すぐの処に登山口があります。
d0264710_11365425.jpg

針ノ木雪渓の全容が見えます。今からここを登って行きます。
d0264710_11414792.jpg

雪渓が崩落しているので、夏道を登ります。
d0264710_11521290.jpg

針ノ木峠のテン場に幕営後、蓮華岳に行きました。
d0264710_11583783.jpg

針ノ木小屋とテン場が見えます。
d0264710_120353.jpg

思いがけず、花の女王・コマクサにも出会いました。
d0264710_12215.jpg

9/14針ノ木岳から種池山荘へ縦走します。
朝日を浴びながら、針ノ木山頂へ到着です。今日はメット着用です。
d0264710_1263511.jpg

360°のパノラマです。槍が・・!
d0264710_12104567.jpg

劔が・・!
d0264710_1211212.jpg

行く道、鹿島槍がくっきりと・・!
d0264710_12115785.jpg

針ノ木岳のガレ場を下って、スバリ岳の岩ガレの道を登ります。
d0264710_12261191.jpg

d0264710_12284253.jpg

d0264710_1215434.jpg

黒部湖がくっきりと見えます。
d0264710_12171865.jpg

大町側はガスで真っ白です。混雑が予想される種池のテン場へ向かっています。
d0264710_1220165.jpg

ハクサンフウロも咲いていました。
d0264710_1222581.jpg

9/15最終日は爺ヶ岳へ登ります。ご来光が清々しい!
d0264710_12312951.jpg

双耳峰の鹿島槍が間近に!
d0264710_12345346.jpg

爺ヶ岳にて~
d0264710_123947.jpg

種池山荘とテン場が見えます。
d0264710_1241361.jpg

爺ヶ岳から戻って、テント撤収。種池山荘前で縦走の余韻に浸った後、無事、下山しました。
d0264710_12473249.jpg

おつかれさまでした~、また、ご一緒しましょうね!

                                              by M
[PR]
by koberozan | 2014-10-04 12:50 | 縦走 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan