神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年11月24日(日) 晴れ

冬山教室4回目の実技となりました。
毎回天気が良くていい感じ。今日も快晴です!

受講生5名 スタッフ13名が参加しました。
①班、②班:芦屋川~地獄谷~月の砂漠~高座谷~キャッスル~荒地山~魚屋道~黒五谷~打越峠~八幡谷~阪急岡本駅
③班:芦屋川~中央稜~月の砂漠~~高座谷~キャッスル~荒地山~魚屋道~黒五谷~打越峠~八幡谷~阪急岡本駅

今回はボッカはなしで、アイゼントレを行いました。
前回の蓬莱峡に参加できなかった受講生は③班のコースでトレーニングを行いました。
他のメンバーは地獄谷をアイゼン+ピッケルで登ります。
アイゼンの前爪を岩の小さな窪みに乗せて立ち込んでいきます。
前回のトレーニングの成果を発揮して、なかなか良い感じで登られていました!

d0264710_8122280.jpg


その後月の砂漠でプルージックでの登下降を繰り返し繰り返し練習しました。
d0264710_8132187.jpg


d0264710_8133570.jpg


お昼休憩のあと、キャッスルから荒地山へ向けて再びごつごつした岩を登っていきます。
岩梯子では蜂の巣があり注意して通過しました。
d0264710_815693.jpg


荒地山まで登りきり装備解除。
荒地山からは読図の訓練をしながら、紅葉真っ盛りの黒五谷を経て
阪急岡本駅に下山しました。

d0264710_8155367.jpg


みなさん、お疲れ様でした!

written by F.N
[PR]
by koberozan | 2013-12-12 08:20 | 教室・講座 | Comments(0)
北アルプス・西穂山荘~丸山周辺での雪上トレーニングに5名で出かけました。
12/6 西宮21:30出発⇒2:30道の駅上宝着
12/7 7:00起床 道の駅上宝8:10発⇒9:00新穂高温泉ロープウェー⇒新穂高口9:30~11:05西穂山     荘テント設営13:00~雪上トレ~16:30テント場
12/8 4:30起床6:45~雪上トレ~10:15西穂山荘11:30~新穂高口12:45⇒13:40平湯温泉(平湯館・    喰処よし本)15:30⇒20:30西宮帰着

天候 12/7 小雪 弱い西高東低  -11℃ 風速10m/s
12/8 晴れ 西高東低緩む  ー12℃ 風速8m/s

7日は壺足で新穂高口から西穂山荘まで歩き、テント設営後、丸山周辺まで行き、スノーバーを使って、スタ ンディングアックスビレーの練習をしました。
d0264710_2285043.jpg
 
d0264710_22403271.jpg


8日は同じ場所で、土嚢袋とブッシュを使った支点構築をしました。
d0264710_22125635.jpg

d0264710_22492094.jpg


西穂・独標の眺めがすばらしかったです。
d0264710_22205313.jpg

笠ヶ岳もきれいに見えます。
d0264710_22213819.jpg

澄んだ空気と青空と大好きな雪山と
d0264710_22215991.jpg

おまけのご褒美は飛騨牛の陶板焼きとライスで締めくくりました。
d0264710_2234858.jpg


                                   作成 YM
[PR]
by koberozan | 2013-12-10 22:50 | 雪山登山 | Comments(0)
12月1日晴れ

千畳ヶ岳にご来光を見に行く人は、午前5時起床、5時半出発です。
私も目が覚めたのですが、二日酔いでしょうか、頭が痛くてパス。
暗い中ご来光登山の4人を、見送ります。
d0264710_151378.jpg

午前7時朝の放送が、スピーカーから流れてきて、目が覚めました。
2度寝したおかげで、頭はすっきり!
テントから出て、見上げると千畳ヶ岳の大岩の上に人が見えて、
手を振ってま~す。「ヤッホー」
みんなも起きだして、ぼちぼち朝食準備を始めていると、
ご来光登山の一行も戻ってきました。

今日も良いお天気です。食事を終えたら、みんなで記念撮。
d0264710_1536574.jpg

左が吉田の岩場、右が千畳ヶ岳。
このあと、CRとハイキングに出かけます。

・・・千羽嶽・・・
今日の千羽嶽は4人です。
去年行っているので、リサーチはばっちりです。
d0264710_15132945.jpg
見落としそうな登山口、
「立入り禁止」みたいな黄色い標識ですが、
親指岳と小さく書いてあります。


d0264710_15184910.jpg登山道を30分ほど登ると親指岳の根元みたいなところに突き当たります。
そこを右のほうに登っていきます。
岩場には頼りないロープがぶら下がっています。


これを登ると親指台です。目の前が親指岳でした。
d0264710_15194635.jpg

海に向かって絶景が広がっています。
d0264710_15234962.jpg

親指台から15分ほど登るともう千羽嶽です。
d0264710_1528975.jpg

千羽嶽山頂は狭くて一人立つのがやっとでした。
広い親指台に戻って、休憩昼食します。
d0264710_1530579.jpg

ゆっくり下山しても、登山口に午後1時に戻ってきました。
登山口からも見える親指岳、その後ろの丸い山が千羽嶽です。
d0264710_15333862.jpg

キャンプ場に戻ってきたのは午後1時30分、
ゆっくりティタイム、のんびりしていると、
今日帰る人たちがが戻ってきました。
坂手港から帰るのは8人、もう一泊する人、今日来る人もいます。
午後3時50分のフェリーに乗り込み、神戸着が午後7時。
ゴロゴロ横になっておしゃべりできる楽しい船旅です。
船から見た明石大橋のライトアップがきれいでした。
d0264710_15531437.jpg

お天気に恵まれて、楽しい小豆島ハイキングができました。
企画してくれたホッキーに感謝です。
[PR]
by koberozan | 2013-12-07 15:54 | ハイキング | Comments(0)
2013年11月30日~12月1日
毎年恒例となりました小豆島お楽しみツァーです。
11月30日午前1時神戸港出発のシャンボフェリーに14人で乗り込みます。
そして高松に寄港したあと、午前7時小豆島に車3台と自転車1台で上陸します。
魚屋魚伝に魚の買い付けに立ち寄ったあと、「小豆島オートビレッジ吉田」へ
海岸線をドライブです。30分ほどで到着。
d0264710_11485774.jpg

自転車のO君もすぐやってきました。
d0264710_11495893.jpg

テントを設営したら、すぐクライミングとハイキングに別れて出かけます。
ハイキングは今日は2人だけ、去年のように道に迷っては不安なので、
観光地の寒霞渓をハイキングすることにしました。

・・・・・寒霞渓ハイキング・・・・・11月30日

車で吉田から行くと寒霞渓のロープウェー山頂駅に着きます。
歩かずして山頂ですから、お得感があります。
d0264710_11583825.jpg

ここから表十二景を紅雲駅まで下り、また裏八景を登って、ここに戻ってきます。
10分ほど歩くと高取展望台、絶景なのに観光客はここまで来ません。
d0264710_1223569.jpg

下は表十二景の中で確認できた景色です。
女羅壁d0264710_127225.jpg

d0264710_12102870.jpg烏帽子岩

画帖岩d0264710_1212232.jpg

d0264710_12123350.jpg錦屏風


紅雲駅から猪谷池↓まで車道を歩きます。
d0264710_12143349.jpg


ここから裏八景の登りです。
法螺貝岩d0264710_1216175.jpg

二見岩d0264710_1217224.jpg


石門、ハイキング道はこの下をくぐって登ります。
d0264710_1218274.jpg


d0264710_12192228.jpg
石門洞、お堂の中に入って、ガラス張り窓のところから景色を見ることができます。


d0264710_12201659.jpgマツタケ岩、絶妙なバランスです

d0264710_1220541.jpg鹿岩
どう見てもニワトリ


いろいろな岩を見上げながら、歩いていると
あっという間に、また山頂駅に戻ってきました。
時間はまだ午後1時、レストランでにゅう麺を食べて、
売店でお買い物、あちこちでお味見して、観光地気分です。

帰りの車から吉田の岩場が一望できました。
d0264710_12321430.jpg

d0264710_12335237.jpgよく見ると人が取り付いています。うちの会の人かな?
ズームでみましたが…???

夕食は海鮮バーベキュー、今回はお鍋もあります。
ホッキー目利きのお魚がずらり d0264710_12365216.jpg
アワビにサザエに、イカ、たこ、えび、
鯛や鯵も炭時で焼くと美味しいこと!

d0264710_124184.jpg<
サザエにお酒をたらして、焼けるのが待ち遠しい~


d0264710_1236957.jpg
遅くまで、宴会は続きました。
[PR]
by koberozan | 2013-12-05 12:41 | ハイキング | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan