神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

一般ハイキングにおける山での応急手当と搬出訓練が実施されました。
d0264710_2393586.jpg

心臓マッサージとAED使用法
最新の救急救命法では、人工呼吸よりも心臓マッサージを優先させる方が救命率が高いとのことです。
かなり強く押さないといけないので、交代しないと疲れます。
d0264710_23102713.jpg

三角巾の使用法
けが人がいっぱいです。
d0264710_2314254.jpg

骨折の固定
テントマットなど、あるものを使って工夫します。
d0264710_2316230.jpg

けが人を移動させる方法
柔道のように背負いこみます。
d0264710_23195047.jpg

ヒューマンチェーン
d0264710_22533590.jpg

ツエルトの張り方
強風の中で取り出すとすぐに吹き飛んでしまうので、あらかじめ細引きを輪っか状に取り付けておく必要があります。
d0264710_2322342.jpg

3分の1引き上げシステム
ロープとカラビナを使ってけが人を引き上げます。3分の1の力で引き上げることができます。
d0264710_23262460.jpg

ロープの様子
d0264710_22444668.jpg

オートブロック
テープスリングを丁寧にロープに巻き付けてカラビナに通すだけです。
d0264710_2328948.jpg

インクノット
d0264710_23335358.jpg

けが人の搬出方法
今回はトレッキングポールにテントマットなどを巻き付け、ザックのひもに通したものにけが人の足をかける方法です。背部は合羽とロープで固定します。後を歩く人が足元など注意する必要があります。
d0264710_23352698.jpg


今回とても盛り沢山な内容で充実した講習会でした。
もしものためにしっかり復習をしておきたいと思います。
講師のお二人ありがとうございました。
[PR]
by koberozan | 2012-12-18 21:30 | 教室・講座 | Comments(2)
2012年12月2日(日)曇り
豆島千畳ヶ岳ハイキング
翌朝午前5時に起床し、裏山の千畳ヶ岳へご来光を拝みに登ります。
千畳ヶ岳はコマーシャル「ファイト一発」の撮影に使われたとかで、
登山道は整備されていて、所々ロープを張られています。
のはずなんですが、真っ暗な中で、登山口を見つけるのに15分ほど、
迷ってしまいました。、
でもご来光に間にあいました。もうすぐ出そう!
d0264710_1831270.jpg

ご来光です。
d0264710_18312538.jpg

朝日をバックに記念写真
d0264710_18315950.jpg

千畳ヶ岳はとっても展望がよく、吉田の岩場や瀬戸内海の島々はもちろん
明石海峡大橋や鳴門大橋まで眺められました。
d0264710_19244253.jpg

千羽ヶ嶽ハイキング
朝食後、8人はRCに出かけました。、
女子3人は千羽ヶ嶽へハイキングに出かけます。
d0264710_1841429.jpg

真ん中の拇指嶽、その横にあるのが千羽ヶ嶽かな?
ところが、道に迷いに迷って、拇指嶽の方にいってしまいます。
眺めのよいところまで登って、結局行きつけず引き返す羽目に!
d0264710_18464665.jpg

でもリサーチはバッチリ、来年は千羽ヶ嶽も拇指嶽も制覇するぞ!

d0264710_18485852.jpg
拇指嶽をズームで
クライミングしている人が小さく見えました。

午後2時ごろ雨がポツポツ降り出してあわてて撤収、
最後にみんなで記念写真で終了です、
d0264710_18514665.jpg

小豆島は魚は美味しいし、景色はいいし、温泉はあるし
ハイキングもクライミングもできるし、
のんびりリフレッシュできるいい島でした。
リーダー、そして皆さんありがとうございました。
前日の様子は→こちら
[PR]
by koberozan | 2012-12-07 22:45 | ハイキング | Comments(0)
2012年12月1日(土)~2日(日)
先発組み2人を含めて総勢12人で小豆島へ行ってきました。
1日神戸新港午前1時出発のフェリーに車2台10人が乗り込みます。
乗ったらすぐ場所取り。ビールを1本飲んだら、
明日に備えて、シュラフに入り睡眠をとります。
翌朝高松で1時間ほど停泊してから、小豆島の坂手港に午前7時に到着します。
吉田キャンプ場は坂手港から車で40分ほど、海岸線のドライブです。
↓小豆島オートビレッジYOSHIDA
d0264710_1862241.jpg

左がクライミングの吉田の岩場、右がハイキングする千畳ケ岳
そして管理棟には温泉もあります。
キャンプ場は私たちともう一組来ているだけでした。
テントを設営したらさっそく全員で岩場へ向かいます。
10分ほどで到着します。
ホッキーがもうロープを張ってくれています。
d0264710_18114831.jpg

ハイキング部女子も久しぶりにRCチャレンジ
d0264710_18123531.jpg

逆手絶妙なバランスのOさん
d0264710_18131343.jpg

寒い中午後4時ごろまでクライミングを楽しみます。
岩場が近いから時間いっぱい楽しめます。
この間3人が食料の買出しに行ってくれました(感謝)
夕食はお刺身と鯛シャブです。
d0264710_18213377.jpg

飯ごう飯も絶妙な焚き具合で美味しいこと!
大満足、10時消灯まで食べ続けました。
明日はクライミングとハイキングに分かれて楽しみます♪
続きはこちら
[PR]
by koberozan | 2012-12-07 18:52 | クライミング | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan