神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

峰山高原・小田原川

2012.08.18(土)058.gif
8月のハイキング例会は涼を求めて手軽な沢歩きです?(ほぼ沢登りでしたが・・・)
駐車場から下ること約1時間で沢の取付き地点です。

d0264710_13185034.jpg

登り始めから、かかんに水の中に入って行きます。さすが皆さん水慣れしています。
d0264710_13234685.jpg

おっと!ここでKさんが泳ぎ始めました。
d0264710_13315947.jpg

Tさん腰まで入って小滝越え
d0264710_13382642.jpg

Nさんは滝芯を直登
d0264710_13435163.jpg

微妙なバランス・・・Yさんからお助け紐がでました。
d0264710_13454516.jpg

d0264710_1348587.jpg

久しぶりのMさんもそれなりに・・・
d0264710_1350185.jpg

確保されて直登するのはNさん
d0264710_13552751.jpg

落差10mの黒岩滝
d0264710_13525475.jpg

終始笑顔の皆さんでした。

近場で手軽に楽しめる楽しい沢登りでした。おつかれさま。
minamiyama
[PR]
by koberozan | 2012-08-29 14:03 | 沢のぼり | Comments(0)

南ア・白根三山縦走

2012.11~13

北岳~間ノ岳~農鳥岳縦走

8/10(金)
先行するM氏車から電話がある。「伊勢湾岸道路を通過したところです!」 ・・・げぇ!
こっちはまだ三宮手前で渋滞にはまっています・・・・007.gifこうなればTさんに頑張って運転して頂くしかない。
と思いながら後部の即席ベットで眠りにつく・・・
でも新東名では私がハンドルをにぎり目指すは奈良田温泉!マニュアル車に緊張しっぱなっし・・・です。025.gif

8/11(土)058.gif
予報では雨、北岳ピストンにしましょうとの声もあったが、雨慣れしているので少々の雨では心はひるまない。しかもまずまずの天気だぜぇ~(^-^)/
d0264710_21135828.jpg

休憩ポイントの大樺沢二股は期待していた水が無い×▲□・・・ 
d0264710_21162990.jpg

二俣からはきつ~い登り008.gif しかし、ときどき爽やかな風が
d0264710_21395176.jpg

肩の小屋はもうすぐ
d0264710_21433777.jpg

テントを張り終えてから往復30分の水汲みです。ヤレヤレようやく068.gifタイムです。しだいに雨になりました。

8/11(土)ほぼ058.gifですがガスっています。
テント撤収、今日の行程は長いですよ。
d0264710_2156764.jpg

まずは日本第二の高峰3193m北岳頂上は雲の中です。
d0264710_21585553.jpg

頂上制覇だぜぇ~(^-^)/
d0264710_11504216.jpg

北岳山荘から振り返ると雲が晴れた北岳と青い空
d0264710_223662.jpg

続いて3055m中白根山
d0264710_222299.jpg

目の前には100名山間ノ岳が
d0264710_22251864.jpg

d0264710_22274298.jpg

3189m間ノ岳(百名山ゲットだぜぇ)(^-^)/
d0264710_2229899.jpg

やったぞ~!
d0264710_11535018.jpg

農鳥小屋でバッチデビュー。トイレの匂いが気になる・・・
d0264710_22321172.jpg

3051m西農鳥岳は標識が無かったけど確かにピークでした。
d0264710_22344024.jpg

そして最後は3026m農鳥岳。  
d0264710_22364795.jpg

ついに制覇だぜぇ~(^-^)/
d0264710_11553667.jpg

8/13ほぼ058.gif
大門沢小屋テント場から富士山が望めます。
d0264710_22411521.jpg

締めくくりは奈良田温泉で
d0264710_2242215.jpg

d0264710_22358100.jpg

                                                    minamiyama
[PR]
by koberozan | 2012-08-26 22:59 | ハイキング | Comments(3)

台高・堂倉谷本谷沢登り

2012年7月27日(金)夜~7月29日(日)
台高・堂倉谷本谷に神戸労山メンバー6人で行ってきました。
私にとって堂倉谷本谷は今回で4回目です。これまで雨や増水等により完全遡行ができませんでしたが、今回天候やメンバーに恵まれ念願がかないました。
堂倉谷は、コバルトブルーの澄んだ水と奥七ツ釜をはじめとして自然の造形美が楽しめる、沢愛好者にとっては見逃せない人気の沢です。堂倉滝から大台林道の橋までであれば前夜泊日帰りでも可能です。

まずは斜滝10mで記念撮影です。
d0264710_1452975.jpg

斜滝10mは左岸を登る。上部に残置ロープがあるが滑りやすく緊張する。
d0264710_152543.jpg

奥七ツ釜は他ではめったに見られないすばらしい光景です。
d0264710_1592762.jpg

ここで2回目の記念撮影です。
d0264710_15173372.jpg

釜で泳ぐ女子2人。男子もさそわれるように・・・。
d0264710_15211897.jpg

”へつり”と泳ぎで瀞(とろ)突破。斜滝15mは左岸を登るが滑りやすいので慎重に通過する。
d0264710_15274560.jpg

今夜の泊地に到着。夜は豪勢にすき焼きです。NさんとNOさんは私の1ヶ月早い誕生を祝ってくれました。
約束の歌はありませんでしたが、Nさんは日本酒、NOさんはケーキを用意してくれていました。
感謝感激ありがとう!!
d0264710_15394442.jpg

2日目は大台林道橋上流より入渓しました。後半の石楠花谷出合を過ぎると登攀要素の多い滝があり安全を期していきます。
ここはシャワークライム。気持ちいい~。
d0264710_1552324.jpg

12m滝は右の茂みをロープを出して慎重に登る。
d0264710_1554728.jpg

2段25m滝は右を登る。2段目は左のガリーを登るがいやらしい。
d0264710_15554919.jpg

斜滝18m滝。上部に古びた残置スリングがあるがそれをつかむまでバランスが必要です。
d0264710_1625099.jpg

この後、まだまだ滝がつづきますが画像容量の関係で割愛します。
最後は原生林の自然を楽しみながら正木ヶ原に到着しました。
d0264710_1685531.jpg

今回は、リーダーを始め、参加者皆様のおかげで無事終了でき、また、楽しく沢登り
ができたことを感謝いたします。
ありがとうございました。
※Nさん、準備していた私の誕生祝いのお言葉は次回にお願いしますね。
                                     byバンビの丘住人
[PR]
by koberozan | 2012-08-05 16:35 | 沢のぼり | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan