神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雪山登山( 47 )

後山スノーハイキング

2018年2月25日(日)曇り
コース:千種高原登山口---大海里峠---駒の尾山---舟木山---後山---鍋ケ谷山---登山口
メンバー:12人

車3台で神戸を6時~6時30分出発し、道の駅ちぐさにいったん集合して、千種高原スキー場手前の駒の尾登山口へ
駐車場は除雪してあり、4~5台駐車可能、先着は1台だけだったので、無事3台駐車できました。
d0264710_21112903.jpg

















9:00 出発 駒の尾登山口
d0264710_21114813.jpg
雪はよく締まっていて、トレースもあります。
すぐにちょっと怖い橋を渡ります。
d0264710_21325071.jpg
ここから大海里峠まで緩やかな歩きやすい登りです。
1時間ほどで大海里峠到着
d0264710_21110906.jpg
広い尾根みちを1時間ほどで駒の尾避難小屋
d0264710_21121481.jpg
曇り空ですが展望はまあまあ、すぐの駒の尾山頂を目指します
d0264710_21132769.jpg
11:00/11:30避難小屋でちょっと早いお昼にします。
そのあと後山に向かいます。
d0264710_21130938.jpg
手前の丸い山が鍋ケ谷山、そして一番高く見えるのが舟木山、一番奥に見えるのが後山、
ずいぶん遠くに見えます。とりあえず午後1時までを目安に行けるところまで”!
12:30やっと舟木山超えました。目の前が後山です。
d0264710_21505409.jpg
13:00予定通り後山山頂1344.6m、
d0264710_21144355.jpg
結構時間がかかりました。鍋ケ谷山まで戻ります。
登りでは気づかなかったけど、雪庇が見られました。
d0264710_21150144.jpg
鍋ケ谷山まで戻り、そこから北尾根を鍋ケ谷林道に直接降ります。
GPSやコンパスを使って、ルートを探しながら下ります。
d0264710_21152556.jpg
最後は急斜面になりましたが、これも雪山の醍醐味
d0264710_21154636.jpg

















無事林道に着地、駐車場はすぐでした
d0264710_21155673.jpg

















ラッセルするほどのフカフカ雪ではなかったけど、
出合った人も少なく、静かな貸し切りの雪山を楽しみました。
参加の皆さんありがとうございました。







[PR]
by koberozan | 2018-03-01 22:15 | 雪山登山 | Comments(0)

八ヶ岳:赤岳

2018年1月6日~8日

Hさんの「八ヶ岳を楽しもう」に参加、
メンバー11人で赤岳鉱泉に宿泊、うち7人で赤岳に登ってきました。

6日曇り 美濃戸口---赤岳鉱泉 周辺散策(中山展望台) 雪上訓練
今年は雪が少なく、美濃戸で5cmぐらいです。
ゆっくり登って昼前に赤岳鉱泉に到着
赤岳鉱泉のシンボル、アイスキャンディ
d0264710_22522582.jpg

















今回メンバー11人で個室確保してくれてました。
昼から周辺散策したり、ジョウゴ沢へアイスクライミングしたり
各自で雪山を楽しみます。

私たちは4人で中山展望台へ、
d0264710_23103906.jpg


午後2時半からは雪上訓練です。
d0264710_22523904.jpg
4時には部屋に戻って懇親会
d0264710_22525155.jpg

1月7日 晴れ
赤岳鉱泉---行者小屋---地蔵尾根---赤岳山頂---文三郎尾根---行者小屋---中山展望台---赤岳鉱泉

朝食は6時からでしたが、かなり混雑していて出発は7時30分になってしまいました。
急登の地蔵尾根を一番ペースの遅い人に合わせてゆっくり登ります。
d0264710_22530481.jpg
後ろに見えるのは阿弥陀岳です。

赤岳山頂への最後の登りです

d0264710_22535557.jpg
山頂に着いたとき、赤岳主稜線を登攀中の2人見つけました。
Oさんが最後のビれーをしているところ右真ん中、みえるかな?
d0264710_22545242.jpg

















三叉峰ルンゼを登攀している2人は間に合いませんでしたが、9人で記念撮影
d0264710_22582372.jpg
山頂から富士山
d0264710_22550872.jpg
山頂から阿弥陀岳
d0264710_22550163.jpg
お天気に恵まれ全員登頂を喜び乾杯!。
d0264710_23010989.jpg
赤岳鉱泉の今日の夕食はなんと霜降りステーキでした♪
d0264710_22593608.jpg
お肉苦手のHさんには海鮮焼きです。
d0264710_22592641.jpg
1月8日 曇り
お天気が下り坂ということで今日の予定の硫黄岳は中止して下山です
d0264710_22594786.jpg
お天気に恵まれそれぞれに楽しみ、大満足の八ヶ岳でした。




[PR]
by koberozan | 2018-01-15 23:45 | 雪山登山 | Comments(0)

武奈ヶ岳

2017年12月17日(日)曇り時々雪
メンバー:5人
コース:坊村---御殿山---武奈ヶ岳---御殿山---武奈ヶ岳

雪山にむけてアイゼントレーニング、
六甲山ではアイゼンも老体の膝も痛んで、
本番使えなくなっては、と雪のある武奈ヶ岳まで行ってきました。

山頂はガスっていました
d0264710_21181235.jpg
山頂のお地蔵さんも雪に埋もれてます
d0264710_21184604.jpg
寒いので写真を撮ったらすぐ退散
d0264710_21183585.jpg
膝上までのラッセルも
d0264710_21185790.jpg
アイゼンや靴の不具合が見つかり、
来る雪山にむけて、よいトレーニングになりました

[PR]
by koberozan | 2017-12-20 21:36 | 雪山登山 | Comments(0)
2017年2月19日(日)曇りのち晴れ
メンバー:8人
コースタイム:坊村9:00---御殿山11:40---武奈ヶ岳山頂12:35/13:00---御殿山13:40---坊村15:30

車で神戸を6時30分出発すると、2時間ちょっとで坊村に到着します。
出発前登山口にはトイレがあります。さすがメジャーな山です。
d0264710_20481610.jpg














登山口から急斜面なのでアイゼンを付けます。
d0264710_20551876.jpg














杉の植林を抜けると自然林の樹氷が広がります
d0264710_21003083.jpg














急斜面の登りが続き、やっと御殿山です。
曇り空で武奈ヶ岳山頂にはガスがかかっています
d0264710_21004461.jpg














御殿山からへ広々とした雪の西南稜を登っていきます。
d0264710_21030341.jpg














御殿山から50分で山頂です。
d0264710_21024554.jpg














残念ながら山頂はガスに覆われて展望がありません。
風邪も強く、寒くて厳しい冬山の様相です。
d0264710_21013955.jpg














ツエルトの中でお昼を食べて下山です。
雄大な稜線のスノーハイク♪
d0264710_21015186.jpg














御殿山、少し晴れてきました。でも山頂だけガスの中
d0264710_21020411.jpg














青空も見えて樹氷がきれいです。
d0264710_21022988.jpg














下りの急斜面に悪戦苦闘、下山に時間がかかりました。
d0264710_21031333.jpg














スノーハイクというには、ちょっと厳しい山でしたが、
久しぶりにきれいな樹氷と雄大な雪景色を楽しめました♪

[PR]
by koberozan | 2017-02-23 21:27 | 雪山登山 | Comments(0)
2016年4月28日~5月1日
メンバー:7名
コース:
4/28(木) 神戸発21:00→平湯キャンプ場
4/29(金) アカンダナ駐車場5:50→上高地6:25→横尾9:50~10:15→
      11:25本谷橋(アイゼン装着)→涸沢13:45(15:00テント設営完了)
      →就寝18:00
4/30(土) 起床3:00→出発5:20→穂高岳山荘7:45~8:35→
      涸沢岳9:05~9:15→穂高岳山荘9:45(歩行練習)下山開始10:10
      →12:00(雪上訓練)→涸沢13:00→就寝19:00
5/1(日)  起床3:00→出発5:00→本谷橋6:15~6:30→横尾7:30~7:40→
      上高地10:25



1日目スタート!! 上高地より いざ出発~!!!!!】
d0264710_2123490.jpg



【景色サイコ~~~っ☆☆☆】
d0264710_22392544.jpg



【途中でお猿の親子に遭遇♡癒される~ぅ♪】
d0264710_2251633.jpg



【横尾にて休憩・・・。】
d0264710_22441491.jpg



【本谷橋からアイゼン装着です(^^;)・・・ドキドキ。。。】
d0264710_22421336.jpg



【涸沢目指してがんばるぞ~⤴⤴】
d0264710_8454150.jpg

d0264710_8574857.jpg

d0264710_9182946.jpg



【1日目:夕食 inテント】
d0264710_22105295.jpg



zzzzzzzzzzz慣れないテント泊でも、ぐっすり眠れました(*'▽')zzzzzzzzzzz



2日目スタート!!
d0264710_9215027.jpg

d0264710_9292462.jpg

d0264710_9332947.jpg



【穂高岳山荘:カップヌードルで腹ごしらえ☆】
d0264710_9362745.jpg

d0264710_22225926.jpg



【涸沢岳山頂に キターーーーーーーーーーーっ!!】
d0264710_2154219.jpg

d0264710_1093659.jpg



【槍ヶ岳だぁ~~~♪】
d0264710_2203712.jpg



【歩行訓練も頑張りました・・・(;´・ω・)】
d0264710_9405399.jpg



【2日目:夕食・・・2500円 ご飯と味噌汁は、おかわりOK in涸沢ヒュッテ】
d0264710_22122086.jpg

d0264710_2223183.jpg



zzzzzzzzzzz今宵も、ぐっすり眠れました(*'▽')zzzzzzzzzzz



3日目スタート!!雪の中テントを撤収、下山開始~。】
d0264710_9531214.jpg

d0264710_9552982.jpg



【ニリンソウが疲れを癒してくれます♪】
d0264710_9582443.jpg



【下山後は・・・平湯温泉でゆっくり☆ 飛騨牛で満腹♡♡♡】
d0264710_102327.jpg

d0264710_1025257.jpg

[PR]
by koberozan | 2016-05-01 22:00 | 雪山登山 | Comments(0)

大山

2016年2月27日~28日
メンバー7名
コース:
2/27南光河原駐車場10:25→12:38六合目避難小屋12:58→15:25弥山山頂避難小屋
2/28山頂避難小屋7:10→8:25六合目避難小屋8:40→8:50行者谷分岐(常行谷上部にて雪上訓練9:00-10:50)→11:00北尾根分岐→12:15南光河原駐車場

弥山山頂にて
d0264710_11141394.jpg


滑落停止訓練
d0264710_11145283.jpg


避難小屋の本日のディナー
蛸のサラダ
d0264710_1115273.jpg

蛸、白菜、3連パックのもずく酢、オリーブ油で手間要らずのサラダ

有頭海老の酒塩焼き
d0264710_11162566.jpg

有頭海老(頭は味噌汁の出しに使用)

天然鯛のアクアパッツァ スパゲティを添えて
d0264710_11165626.jpg

天然鯛、アサリ、アンチョビ、ニンニク、自家製ドライトマト、ブラックオリーブ、ケイパー、パセリ、白ワイン、水、オリーブ油、塩、胡椒。残り汁にスパゲティを絡めて

味噌汁
d0264710_11172969.jpg

旬の鳴門の生若布と菜の花にシメジを加えて海老出しで

アクアパッツァ以外完成形でないのが残念ですが、日帰りで行ける小屋泊だから出来ました。
翌日のザックの軽いこと!!
[PR]
by koberozan | 2016-03-08 11:27 | 雪山登山 | Comments(0)

北八ヶ岳

2016年2月19日~20日
メンバー:5人
コース :
1日目2/19(晴) : 神戸5:30発===北八ヶ岳ロープウェー山麓駅11:00着 北八ヶ岳ロープウェー山頂駅11:45→北横岳ヒュッテ12:40→北横岳山頂・北峰13:00/13:15→北横岳ヒュッテ13:35→縞枯山荘14:15泊

神戸を早朝に出発すると昼前にロープウェー駐車場に到着します。
今年は雪が少なく、山肌が見えています。
d0264710_11424115.jpg

雪があるのか不安にかられながら、山頂駅に降り立ちます。
外に出ると結構な寒さ、一面の銀世界にテンションアップ

d0264710_11441855.jpg

今年アイゼン初めての人もいて、装着に手間取りますが、
昼過ぎには歩き始めます。樹氷も付いています。
d0264710_11482090.jpg

このままお天気が持ってくれることを祈りながら北横岳に向かいます。
d0264710_11474489.jpg


1時間ほどで北横岳ヒュッテに到着。ここで荷物をデポ。
ストックをピッケルに持ち替えて、山頂に向かいます。
d0264710_1150753.jpg


つづきはこちらをどうぞ!
[PR]
by koberozan | 2016-03-06 12:49 | 雪山登山 | Comments(0)
①登った山:赤谷山と白萩山と赤ハゲと白ハゲと池平山
 次回のお楽しみに取っておいた山など:劔岳(小窓の王、三ノ窓、池ノ谷ガリー、早月尾根)
②メンバー:Rさん、Hさん、Mさん、Tさん、HIの5人
③目的:春の劔(赤谷尾根~北方稜線~早月尾根山行)を楽しむ
④日程:5月2日~5日


 1日の夜神戸を出発し、途中のサービスエリアで、Hさんが持ってきてくれた「かしわ餅」を食べ、「端午の節句」を皆で感じながら馬場島に到着した。(Hさんありがとう!)
仮眠を取ったあと、ゆっくり出発。
いいお天気だ。これからどんな風景がひろがるんだろう!?とわくわく・・・・。
「わかん」を持っておいで・・・・・と現地からは指示されていたが、雪はとても少なかった。
d0264710_21492057.jpg

そして・・・・こんなに藪こぎに苦しめられるなんて・・・・・と思うくらい苦しめられた。
私は今回、軽量化のために新しくファイントラックの雨具を購入していたが、同行者からは「そんな薄いカッパは、藪こぎですぐ破れるぞ!」と脅かされ、ヒヤヒヤしていたが、なんとか破れることはなかった。(´▽`)

藪こぎには苦戦を強いられたが、しばらく急登を行けば、劔岳が出現し、ずーっと私たちの目を楽しませてくれた。
d0264710_21535015.jpg

d0264710_2374095.jpg

 みんなで劔をバックに記念撮影
春山を越して、夏山かと思うくらいに暑い日差しの中、ひたすら歩き、高度を上げていった。

d0264710_224452.jpg

1900m付近の本日のお宿。
劔岳を見ながら、かんぱーい!
1つのテントで5人寝られるか?と不安はあったが、軽量化のため皆の思いは一致した。
荷物はツェルトへ。Rさんが手際よくツェルトを作ってくれた。(いつもありがとうです)
d0264710_22103924.jpg

5人で1テントは、思った程大変ではなく、結講快適でした。(もちろん、誰がどこに寝るか、自分のベッド確保?場所取りのバトルは結講凄まじく・・・・・・・でも結講みんなぐっすり寝てましたよね!?たくましい!!)
d0264710_22155299.jpg

そして観た夕日
d0264710_22164725.jpg

振り返れば月と劔

5月3日晴れ
3時に起き、5時出発
また、藪こぎが始まる。
懸垂下降地点に着いたが、ロープの長さが足りず、登り返して尾根を藪こぎするか・・・・という意見も出たが、なんとか懸垂下降を2回すれば降りられそうな場所を発見した。(ヽ(;▽;)ノ)
d0264710_22204454.jpg

d0264710_22253688.jpg

おりま~す
なんとか懸垂は1回ですみ、後は雪渓をひたすら後ろ向きに降りた。
そして、降りた後はまた急登が待っていた。しんどーい。
少し登ると、Rさんが、「水を作る!」と言い出し、ガスとコッフェルを出し、雪をとかし水を作った。
喉がからからだったので、とっても美味しかった。
水をたらふく飲んだあと、「よし!頑張るぞ」と歩き始めたところ、またもやアクシゼントが・・・・。
「アイゼンがない!」・・・・「え~!!」
「雪渓を下りてくるまではあった」とのことなので・・・・・
d0264710_22361379.jpg

Rさん、とぼとぼ、来た道を引き返しアイゼンを捜索。がんばれ!
そして、藪こぎとアップダウンを繰り返し、さたすら池ノ平山を目指した。
小窓尾根や早月尾根や劔尾根の眺めは、心を癒してくれた。
d0264710_22401985.jpg

池ノ平山は遠かった

もうへろへろ状態だった。
本日のお宿は小窓の少し手前(もちろん、ここもロケーションは抜群)
夜、今後の行動についてみんなで検討したが、悪天予報のため、予定を変更して下山することにした。
案の定、朝は雨がぱらついた。
そしてみた風景
d0264710_22461100.jpg


下山も、雪が少なくシュルンドができ、うまく下山できるか・・・と思われたが、渡渉もほとんどなく無事下山できた。
d0264710_22483037.jpg

こんなシュルンドができてました

今回は想定外の藪こぎに苦戦を強いられましたが、ぐんぐんと大きくなってくる劔岳や、小窓尾根や早月尾根を眺めながらの稜線歩きはとっても楽しかったです。
今回も、Rさんのアイゼン無くしかけのアクシゼントの他、ルベルソ落としや落としたストックを後続メンバーがうまく回収したにも関わらず藪こぎで一部を紛失するなど、ハードな山行となりました。
雪の状態、天候などによって変動する状況にどう対処するか、ほんとうに自然の中で遊ばせてもらっているなぁ・・・と感じる山行でした。よく重いザックを背負って頑張ったと思います。無事下山できた事、充実した楽しい時間をともに過ごせる仲間が居ることに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
また来たいです。


d0264710_2316483.jpg

また来ま~す
[PR]
by koberozan | 2015-05-09 23:18 | 雪山登山 | Comments(0)

春の白山登頂

2015年5月2日~5月5日
会員9名

初級雪山のスキルアップを目的に春の白山にいきました。
市ノ瀬から約2時間車道を歩いて登山口の別当出合に到着。
冬靴で車道を歩くのは結構しんどかったです!
d0264710_16362032.jpg


全然平気だった人とそうでない人と分かれましたが、私にとって一番の難所は整備されていない橋を渡ることでした。バランスを崩さないよう慎重に真ん中の鉄筋の上を歩きます。
d0264710_16424255.jpg


一日目は初夏のような晴天で雪上トレーニングもできましたが、二日目は予想どおり雨で視界の悪い中歩きました。コンパスの重要性を実感しました!
d0264710_1645325.jpg


雨の中でも無事ピークを踏むことができて満足!
d0264710_16472593.jpg


三日目は晴天で、下山途中にプチ雪上トレーニング(滑落停止&トラバース歩行)もできて充実した山行になりました。
d0264710_16484734.jpg

[PR]
by koberozan | 2015-05-07 18:00 | 雪山登山 | Comments(0)

残雪期の西穂高岳

雪が少なかった西穂高岳2015/4/11-12
2月より募集してトレーニング、ミーティングを重ね、5名で残雪期の西穂高岳に登って来ました。

出発は第二ロープウェイの鍋平 
d0264710_13474695.jpg

その日は西穂山荘にテント設営後独標までの足慣らしです。
尾根上はほとんど夏道でした。
翌朝は快晴、絶好のアタック日和、独標から振り返ると乗鞍岳が朝日で赤く染まりました。
d0264710_13522559.jpg

これから登るピラミッドピーク、西穂山頂も輝いています
d0264710_13565372.jpg

さて、ここから気を締めて行きましょう。
独標の下りはゆっくり慎重に・・・
d0264710_1358149.jpg

なんかよくわからないままピラミッドピークに着きました。
ここまではたいしたこと無かったね----?うんうん----??
d0264710_1412818.jpg

少し先から振り返るとピラミッドピークに人が立っていました。
d0264710_1442410.jpg

そんな調子で山頂直下までやって来ました。山頂に人が見えます。
最後は直下の雪が付いたガリーを直登です。人が下りて来ていますね。あそこですよ!けっこう急やないの---
d0264710_149322.jpg

そして山頂に着きました。やった~!
穂高・槍ヶ岳----展望は最高!こんな日に登れるなんて、なんて幸せ---を実感しました
d0264710_14123819.jpg

d0264710_1424159.jpg

ゆっくり楽しんだ後は下山です。
沢山登って来ているので左の岩のところを慎重に下りましょう。
d0264710_1420464.jpg

ピラミッドピークまで戻って来ました。
d0264710_1426429.jpg

そして最後は独標です。
これを登り返せば危険なところは終わりになります。
d0264710_14285941.jpg


今回は雪が少なくて案外容易に山頂に立てました。
また違う状態の時に登ってみたいね~  それってもっと雪がある時----?
[PR]
by koberozan | 2015-05-02 14:16 | 雪山登山 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan