人気ブログランキング |

神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雪山登山( 51 )

八ヶ岳文三郎尾根、敗退

春の八ヶ岳・赤岳-横岳-硫黄岳を縦走を計画、
メンバーはベテラン1名とこのルートは初めての3名(うち雪山初心者2名)でした。
天気予報は最悪でしたが、とりあえず行ってみることに。

2019年3月29日夜に神戸を出発、4時半ごろに八ヶ岳山荘に到着。
八ヶ岳山荘と車に別れて仮眠取った後、1日目はとりあえず赤岳鉱泉目指して9時に出発です。
天気予報は昼から崩れるとのことで昼頃の到着を目指しました。
予報が悪いためか、登山者はかなり少ないです。
d0264710_08213449.jpg

12時半に赤岳鉱泉に到着し、テント設営しました。
d0264710_08223959.jpg

アイスキャンディもこの週末で終わりだそうです。
d0264710_08231492.jpg

早々に夕食開始。今回は仙台麩入りキムチ味噌鍋です♪
ごはんもおいしく炊けました。
d0264710_08243789.jpg

雪はまあまあ降っていて、朝起きるとテント内のスペースが狭くなっていました。
降雪は40~50cm
この条件では縦走は厳しいとの判断で、文三郎尾根-赤岳-地蔵尾根へ変更。
5:20赤岳鉱泉を出発しまずは行者小屋へ。気温はマイナス5度。
d0264710_08300092.jpg

地蔵尾根登り口で、けっこう吹雪いています。
d0264710_08321754.jpg

文三郎尾根へと進みます。
d0264710_08322895.jpg

文三郎尾根はずっとラッセル。
若者がガンガン進んでくれます104.png
d0264710_08344550.jpg


風も強く視界不良です。
d0264710_08353588.jpg

この視界ではこの先の岩場のトラバースで滑落の危険があるとのリーダー判断により、8時25分、2615m地点で撤退することになりました。
撤退ポイントで記念撮影するも、顔や目にバチバチ雪が当たり痛い!カメラの方を向けない人も。
d0264710_08372532.jpg
d0264710_08393379.jpg

文三郎尾根を降ります。途中、リーダーが初心者にアイゼンワークを指導したり。
d0264710_08403656.jpg

行者小屋には9時10分に戻ってきました。
下山はあっという間。
今から阿弥陀北稜へ向かうパーティーに出会いましたが、後でお会いするとやはり早々に撤退されたようです。
ここからは時間が余ったので、行者小屋と赤岳鉱泉の間の斜面でトレーニングをしました。
ラッセルやスタンディングアックスビレイとか。
d0264710_08442635.jpg

12時半頃にテントに戻り撤収
13時40分に赤岳鉱泉とお別れし、美濃戸口に15時40分到着です。
yatsugatake J&N さんで入浴、おいしいスイーツもいただき神戸へと帰りました。

今回は予定通りいかず残念でしたが、たくさん勉強になりました110.png
またリベンジしたいです101.png



by koberozan | 2019-04-25 08:50 | 雪山登山 | Comments(0)
2019年3月2日、女子?メンバー2名で大山7合尾根にチャレンジしました。
2人とも雪のバリエーションルートは初めですが、大山北壁で7合尾根はもっとも簡単らしい。
今回登ったログです。
d0264710_08545175.png
ピッケル、バイル、スノーバー、ダブルロープなど、核心部でロープを出す準備も一応していきました。


8:42 スタート
スキー組と駐車場でお別れ
d0264710_08454692.jpg

大神山神社を抜けて
d0264710_08480207.jpg

犬?蛙?
d0264710_08480519.jpg

9:30 元谷です。ここにくると大山北壁が一望できました!
快晴です。神戸労山の別パーティーが先に滝沢リッジを登っているはず
d0264710_08504957.jpg

10:00 7合沢のはじまりのあたりです。
ここからやや左にトラバースしながら7合尾根に入りました。
トレースは途中あったりなかったり。
視界良好のおかげで迷わず進めました。
d0264710_08555734.jpg

尾根に乗るとまあまあ急斜面ですがロープを出すほどでもありません。
d0264710_08574191.jpg

横には8合尾根とかっこいい別山尾根がずっと見えていました。
d0264710_08582051.jpg
d0264710_08585188.jpg
d0264710_22472623.jpg

夏道登山道の尾根を登っている登山者が見えます
もうすぐ合流
d0264710_08595012.jpg

12:00 夏道登山道の稜線に合流
d0264710_09004491.jpg

練習でロープを出そうかと思っていましたが、タイミングを逃し
夏道に出ると過剰装備な人たちとなっただけでした103.png
ここから時間があったので弥山へ向かいました。
12:30 弥山到着
d0264710_09022704.jpg

少しだけ足をのばし剣が峰の方へ
d0264710_09025358.jpg

13:00下山開始です。
13:30 6合目避難小屋から7合沢を下り駐車場へ
d0264710_09033643.jpg

登りは間違えずに7合尾根をたどれましたが、下りは油断もしちょっとルートミスを105.png105.png
14:40 駐車場到着したら、滝沢リッジ組も山スキー組も下山していました。

このあとは9名でお楽しみの宴会111.png
みんなが下山後温泉で汗を流している間、お風呂も入らず副会長みずから新鮮な魚介類を仕入れに行き、自炊可能な宿ですぐにさばいて調理。
カニ、甘えび、のどくろ、カキ豪華料理を振舞ってもらいました167.png
d0264710_07434623.jpg
d0264710_07440678.jpg
d0264710_07471370.jpg

夜更けまで楽しく飲んで食べて盛り上がりました♪

翌日は有志のみで帰りに鳥取砂丘観光へ。この斜面はいいトレになりますよ106.png
d0264710_07495652.jpg



by koberozan | 2019-04-25 07:52 | 雪山登山 | Comments(0)

綿向山樹氷ハイク


2019年1月26日(雪)
メンバー:7人
コース:御幸橋から綿向山山頂ピストン

綿向山は蒲生スマートICから30分ほどアクセスがいい。
悪天候の予報であったが、御幸橋駐車場には結構車が止まっている。
さすが人気の山だ。

d0264710_20511002.jpg
30分ほどうっすら雪の林道を歩くと登山口です。
d0264710_20544124.jpg
ここ
ここからは杉の植林帯のジグザグの登りが5合目まで続きます。
五合目避難小屋、中は7-8人は休憩できます。トイレはありません。
d0264710_20573240.jpg

















五合目からは積雪も増えてきました。7合目まで歩きやすい雪道です。
d0264710_20593537.jpg

















7合目からは尾根の急登になるので、ここでアイゼンを装着します。
d0264710_21024850.jpg


















9合目までは尾根沿いに登ります。夏道は危険なのか通行止めの標識がありました。
9合目からは樹氷のトンネルを歩きます。
d0264710_21051646.jpg

















綿向山山頂は風雪が強くて、視界もまったくありません。
d0264710_21050210.jpg

















写真を撮ったらすぐ下山します。
d0264710_21054204.jpg


















d0264710_21055534.jpg


















7号目まで下りてくると風もなくなったので、祠の前で休憩昼食です。
d0264710_21115368.jpg

















あとは駐車場まで一気に下山です。
午後2時には駐車場に戻ってきました。

帰りは竜王IC近くの『蒲生野の湯』に立ち寄り湯、
26日は風呂の日で800円⇒500円、

お天気は悪かったですが、十分雪山を楽しめました♪







by koberozan | 2019-01-28 21:17 | 雪山登山 | Comments(0)

後山スノーハイキング

2018年2月25日(日)曇り
コース:千種高原登山口---大海里峠---駒の尾山---舟木山---後山---鍋ケ谷山---登山口
メンバー:12人

車3台で神戸を6時~6時30分出発し、道の駅ちぐさにいったん集合して、千種高原スキー場手前の駒の尾登山口へ
駐車場は除雪してあり、4~5台駐車可能、先着は1台だけだったので、無事3台駐車できました。
d0264710_21112903.jpg

















9:00 出発 駒の尾登山口
d0264710_21114813.jpg
雪はよく締まっていて、トレースもあります。
すぐにちょっと怖い橋を渡ります。
d0264710_21325071.jpg
ここから大海里峠まで緩やかな歩きやすい登りです。
1時間ほどで大海里峠到着
d0264710_21110906.jpg
広い尾根みちを1時間ほどで駒の尾避難小屋
d0264710_21121481.jpg
曇り空ですが展望はまあまあ、すぐの駒の尾山頂を目指します
d0264710_21132769.jpg
11:00/11:30避難小屋でちょっと早いお昼にします。
そのあと後山に向かいます。
d0264710_21130938.jpg
手前の丸い山が鍋ケ谷山、そして一番高く見えるのが舟木山、一番奥に見えるのが後山、
ずいぶん遠くに見えます。とりあえず午後1時までを目安に行けるところまで”!
12:30やっと舟木山超えました。目の前が後山です。
d0264710_21505409.jpg
13:00予定通り後山山頂1344.6m、
d0264710_21144355.jpg
結構時間がかかりました。鍋ケ谷山まで戻ります。
登りでは気づかなかったけど、雪庇が見られました。
d0264710_21150144.jpg
鍋ケ谷山まで戻り、そこから北尾根を鍋ケ谷林道に直接降ります。
GPSやコンパスを使って、ルートを探しながら下ります。
d0264710_21152556.jpg
最後は急斜面になりましたが、これも雪山の醍醐味
d0264710_21154636.jpg

















無事林道に着地、駐車場はすぐでした
d0264710_21155673.jpg

















ラッセルするほどのフカフカ雪ではなかったけど、
出合った人も少なく、静かな貸し切りの雪山を楽しみました。
参加の皆さんありがとうございました。







by koberozan | 2018-03-01 22:15 | 雪山登山 | Comments(0)

赤坂山スノーハイキング

2018年1月27日(土)雪
メンバー 8人
午前6時9分JR三宮駅発の快速電車に乗車
1週間前はまったく雪がなかったのに、3日ほど前から寒波がやってきて
湖西線はすっかり雪景色です。
マキノ駅からバスに乗り換え、9時半ごろマキノ高原に到着。
雪遊びの子供たちや、スノーシューハイクに来ている人でにぎわっています。
山はガスがかかっていて、お天気はイマイチです。
d0264710_19535066.jpg
バス停のすぐ横からスノーシューを付けて歩き始めます。
d0264710_19512199.jpg
雪もたっぷりで久しぶりの新雪にご機嫌です。
d0264710_19510582.jpg


















先行するスノーシューのグループも何組かいて
ラッセルすることなく快適に歩きます。雪も止んで薄日も差してきました。
d0264710_19522986.jpg


















ちょど中間点の雪をかぶった東屋。
d0264710_19525263.jpg


















ここまではよかったのですが、この後雪が深くなり、
沢沿いの夏道は進めなくなって、急斜面のラッセルになります。
d0264710_19530799.jpg


















尾根に出るのに思いのほか時間がかかりました。
d0264710_19532691.jpg


















12時30分予定は山頂到着の時間ですが、展望もないし、
粟柄越までまだだいぶかかりそうなので、
残念ですが、ここで引き返すことにしました。

午後2時30分マキノ高原に下山
d0264710_19534381.jpg


















山頂は踏めませんでしたが、たっぷりの雪山でスノーハイクを楽しめました。

by koberozan | 2018-02-02 20:22 | 雪山登山 | Comments(0)

八ヶ岳:赤岳

2018年1月6日~8日

Hさんの「八ヶ岳を楽しもう」に参加、
メンバー11人で赤岳鉱泉に宿泊、うち7人で赤岳に登ってきました。

6日曇り 美濃戸口---赤岳鉱泉 周辺散策(中山展望台) 雪上訓練
今年は雪が少なく、美濃戸で5cmぐらいです。
ゆっくり登って昼前に赤岳鉱泉に到着
赤岳鉱泉のシンボル、アイスキャンディ
d0264710_22522582.jpg

















今回メンバー11人で個室確保してくれてました。
昼から周辺散策したり、ジョウゴ沢へアイスクライミングしたり
各自で雪山を楽しみます。

私たちは4人で中山展望台へ、
d0264710_23103906.jpg


午後2時半からは雪上訓練です。
d0264710_22523904.jpg
4時には部屋に戻って懇親会
d0264710_22525155.jpg

1月7日 晴れ
赤岳鉱泉---行者小屋---地蔵尾根---赤岳山頂---文三郎尾根---行者小屋---中山展望台---赤岳鉱泉

朝食は6時からでしたが、かなり混雑していて出発は7時30分になってしまいました。
急登の地蔵尾根を一番ペースの遅い人に合わせてゆっくり登ります。
d0264710_22530481.jpg
後ろに見えるのは阿弥陀岳です。

赤岳山頂への最後の登りです

d0264710_22535557.jpg
山頂に着いたとき、赤岳主稜線を登攀中の2人見つけました。
Oさんが最後のビれーをしているところ右真ん中、みえるかな?
d0264710_22545242.jpg

















三叉峰ルンゼを登攀している2人は間に合いませんでしたが、9人で記念撮影
d0264710_22582372.jpg
山頂から富士山
d0264710_22550872.jpg
山頂から阿弥陀岳
d0264710_22550163.jpg
お天気に恵まれ全員登頂を喜び乾杯!。
d0264710_23010989.jpg
赤岳鉱泉の今日の夕食はなんと霜降りステーキでした♪
d0264710_22593608.jpg
お肉苦手のHさんには海鮮焼きです。
d0264710_22592641.jpg
1月8日 曇り
お天気が下り坂ということで今日の予定の硫黄岳は中止して下山です
d0264710_22594786.jpg
お天気に恵まれそれぞれに楽しみ、大満足の八ヶ岳でした。




by koberozan | 2018-01-15 23:45 | 雪山登山 | Comments(0)

武奈ヶ岳

2017年12月17日(日)曇り時々雪
メンバー:5人
コース:坊村---御殿山---武奈ヶ岳---御殿山---武奈ヶ岳

雪山にむけてアイゼントレーニング、
六甲山ではアイゼンも老体の膝も痛んで、
本番使えなくなっては、と雪のある武奈ヶ岳まで行ってきました。

山頂はガスっていました
d0264710_21181235.jpg
山頂のお地蔵さんも雪に埋もれてます
d0264710_21184604.jpg
寒いので写真を撮ったらすぐ退散
d0264710_21183585.jpg
膝上までのラッセルも
d0264710_21185790.jpg
アイゼンや靴の不具合が見つかり、
来る雪山にむけて、よいトレーニングになりました

by koberozan | 2017-12-20 21:36 | 雪山登山 | Comments(0)
2017年2月19日(日)曇りのち晴れ
メンバー:8人
コースタイム:坊村9:00---御殿山11:40---武奈ヶ岳山頂12:35/13:00---御殿山13:40---坊村15:30

車で神戸を6時30分出発すると、2時間ちょっとで坊村に到着します。
出発前登山口にはトイレがあります。さすがメジャーな山です。
d0264710_20481610.jpg














登山口から急斜面なのでアイゼンを付けます。
d0264710_20551876.jpg














杉の植林を抜けると自然林の樹氷が広がります
d0264710_21003083.jpg














急斜面の登りが続き、やっと御殿山です。
曇り空で武奈ヶ岳山頂にはガスがかかっています
d0264710_21004461.jpg














御殿山からへ広々とした雪の西南稜を登っていきます。
d0264710_21030341.jpg














御殿山から50分で山頂です。
d0264710_21024554.jpg














残念ながら山頂はガスに覆われて展望がありません。
風邪も強く、寒くて厳しい冬山の様相です。
d0264710_21013955.jpg














ツエルトの中でお昼を食べて下山です。
雄大な稜線のスノーハイク♪
d0264710_21015186.jpg














御殿山、少し晴れてきました。でも山頂だけガスの中
d0264710_21020411.jpg














青空も見えて樹氷がきれいです。
d0264710_21022988.jpg














下りの急斜面に悪戦苦闘、下山に時間がかかりました。
d0264710_21031333.jpg














スノーハイクというには、ちょっと厳しい山でしたが、
久しぶりにきれいな樹氷と雄大な雪景色を楽しめました♪

by koberozan | 2017-02-23 21:27 | 雪山登山 | Comments(0)
2016年4月28日~5月1日
メンバー:7名
コース:
4/28(木) 神戸発21:00→平湯キャンプ場
4/29(金) アカンダナ駐車場5:50→上高地6:25→横尾9:50~10:15→
      11:25本谷橋(アイゼン装着)→涸沢13:45(15:00テント設営完了)
      →就寝18:00
4/30(土) 起床3:00→出発5:20→穂高岳山荘7:45~8:35→
      涸沢岳9:05~9:15→穂高岳山荘9:45(歩行練習)下山開始10:10
      →12:00(雪上訓練)→涸沢13:00→就寝19:00
5/1(日)  起床3:00→出発5:00→本谷橋6:15~6:30→横尾7:30~7:40→
      上高地10:25



1日目スタート!! 上高地より いざ出発~!!!!!】
d0264710_2123490.jpg



【景色サイコ~~~っ☆☆☆】
d0264710_22392544.jpg



【途中でお猿の親子に遭遇♡癒される~ぅ♪】
d0264710_2251633.jpg



【横尾にて休憩・・・。】
d0264710_22441491.jpg



【本谷橋からアイゼン装着です(^^;)・・・ドキドキ。。。】
d0264710_22421336.jpg



【涸沢目指してがんばるぞ~⤴⤴】
d0264710_8454150.jpg

d0264710_8574857.jpg

d0264710_9182946.jpg



【1日目:夕食 inテント】
d0264710_22105295.jpg



zzzzzzzzzzz慣れないテント泊でも、ぐっすり眠れました(*'▽')zzzzzzzzzzz



2日目スタート!!
d0264710_9215027.jpg

d0264710_9292462.jpg

d0264710_9332947.jpg



【穂高岳山荘:カップヌードルで腹ごしらえ☆】
d0264710_9362745.jpg

d0264710_22225926.jpg



【涸沢岳山頂に キターーーーーーーーーーーっ!!】
d0264710_2154219.jpg

d0264710_1093659.jpg



【槍ヶ岳だぁ~~~♪】
d0264710_2203712.jpg



【歩行訓練も頑張りました・・・(;´・ω・)】
d0264710_9405399.jpg



【2日目:夕食・・・2500円 ご飯と味噌汁は、おかわりOK in涸沢ヒュッテ】
d0264710_22122086.jpg

d0264710_2223183.jpg



zzzzzzzzzzz今宵も、ぐっすり眠れました(*'▽')zzzzzzzzzzz



3日目スタート!!雪の中テントを撤収、下山開始~。】
d0264710_9531214.jpg

d0264710_9552982.jpg



【ニリンソウが疲れを癒してくれます♪】
d0264710_9582443.jpg



【下山後は・・・平湯温泉でゆっくり☆ 飛騨牛で満腹♡♡♡】
d0264710_102327.jpg

d0264710_1025257.jpg

by koberozan | 2016-05-01 22:00 | 雪山登山 | Comments(0)

大山

2016年2月27日~28日
メンバー7名
コース:
2/27南光河原駐車場10:25→12:38六合目避難小屋12:58→15:25弥山山頂避難小屋
2/28山頂避難小屋7:10→8:25六合目避難小屋8:40→8:50行者谷分岐(常行谷上部にて雪上訓練9:00-10:50)→11:00北尾根分岐→12:15南光河原駐車場

弥山山頂にて
d0264710_11141394.jpg


滑落停止訓練
d0264710_11145283.jpg


避難小屋の本日のディナー
蛸のサラダ
d0264710_1115273.jpg

蛸、白菜、3連パックのもずく酢、オリーブ油で手間要らずのサラダ

有頭海老の酒塩焼き
d0264710_11162566.jpg

有頭海老(頭は味噌汁の出しに使用)

天然鯛のアクアパッツァ スパゲティを添えて
d0264710_11165626.jpg

天然鯛、アサリ、アンチョビ、ニンニク、自家製ドライトマト、ブラックオリーブ、ケイパー、パセリ、白ワイン、水、オリーブ油、塩、胡椒。残り汁にスパゲティを絡めて

味噌汁
d0264710_11172969.jpg

旬の鳴門の生若布と菜の花にシメジを加えて海老出しで

アクアパッツァ以外完成形でないのが残念ですが、日帰りで行ける小屋泊だから出来ました。
翌日のザックの軽いこと!!
by koberozan | 2016-03-08 11:27 | 雪山登山 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan