神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

2017夏.槍ヶ岳・北鎌尾根クラシックルート

2017年8月11-13日 参加者2名:N,I

(ルート)七倉山荘ー湯俣温泉ー北鎌沢出合ー槍ヶ岳ー新穂高温泉

【1日目】8月11日
七倉山荘5:30-高瀬ダム6:00-湯俣温泉晴嵐荘9:00ー千天出合13:00-北鎌沢出合15:30(泊)

一年前、出発直前で中止となった北鎌尾根に再び挑戦するときがやって来た。北鎌尾根は人気ルートなのでバリエーションとはいえ踏み後は明瞭、お盆の時期であれば、それなりの人が入っているであろうとの話を聞いていた。また、湯俣温泉から先のルートについても、沢の経験があれば余裕であるとの事であったが・・・

 当初は我々だけの単独で計画していたので、伊藤新道を下って湯俣温泉を経由して七倉へと戻ってくるラウンドを考えていた。それも面白い案だったが、幸いなことに同時期に金木戸川・小倉谷に入渓するHさんのパーティーに便乗させて頂き、七倉まで送ってもらえる事になった。帰りも新穂高温泉に下山して同乗である。我々は楽をさせてもらった事になるが、小倉谷のパーティーは、大幅な時間ロスで大変であったろうと思う。
 10日の夜9時頃に神戸を出発して、小倉谷のパーティーと共に七倉へと向かった。お盆休みの帰省ラッシュは既に始まっていたようで、関西圏を抜けるだけでも、1時間程はロスとなった。11日の3時半頃にようやく七倉へとたどり着いた。勝手なイメージで、ひっそりとした登山口を想像していたのだが、そもそも七倉は裏銀座の入口である。お盆休みの初日となるこの日は大変な人で賑わっており、登山者を乗せた大型バスも入って来ていた。ここへ至る車中では、どうやって仮眠を取るかを考えていたが、到底ツェルトを張る場所などない。とりあえず軒下にマットを敷いて横になったが、さすがに喧騒の中では寝られず、準備をして日の出を待つことにした。
d0264710_22121390.jpg
本来ならば、ほぼ一番乗りぐらいでタクシー待ちの列に並べたはずなのだが、ぼーっとしている間に列が伸びており気がついたら
30人超の長蛇の列となっていた。とはいえ、順次タクシーが回ってきたので、すこし待ったら無事に乗り合いタクシーに乗車出来た。

d0264710_20322545.jpg
高瀬ダムでタクシーを降り、トンネルを越えてダム湖に沿った湖畔の道を湯俣温泉へと向かう。
登山口に沢山いた登山者の大半は裏銀座(烏帽子岳方面)に向かって行った。

d0264710_20430008.jpg


平坦な道を3時間程歩いたら湯俣温泉・晴嵐荘に到着し、他に来る機会もないだろうという事で、小屋に立ち寄ってみる事にした。
ここでタクシーに同乗していた人に追いついて話をした。

 登山者:「今日はどこまで、行かれるのですか?」 

(一瞬どう返答するか考えたが、率直に応えた。)

 僕:「今日は北鎌沢出合まで行きます」

(果たして意味が通じるのかと思っていたら、案の定の反応。)

 登山者:「はぁ~??」

その様子を横で見ていた小屋のご主人は笑っていた。ここへ来る人の大半は竹村新道から裏銀座へ向かうそうだ。まれに伊藤新道を登る人もいるそうだが、水俣川を遡上して北鎌へ向かう人はめったにおらず、今シーズンでは2組目だそうだ。しかも、2週間前に訪れた先の1組は撤退して来たとの事。しかも数日前の台風の影響が残っており、水量は多めであるらしい。北鎌沢までの遡行に関しては、わりと楽観的に考えていたのだが、少し緊張感が走った。

d0264710_21180138.jpg

湯俣川と水俣川が合流する地点にかかる壊れかけの橋(っいうか普通で考えたら既に壊れていると表現するのが適切)。
これを越えたら、いよいよ遡行開始である。

d0264710_21355645.jpg
(↑)橋を渡って降りた河原から見た最初の渡渉地点。中々の激流だ。本当に行けるのだろうかと若干不安になる。股上ぐらいの水位だが、かなり流れがきつい。バランスを崩して水に浸かったら一気に流されてしまうだろう。ロープを出すべきか迷ったが、先は長いので(実際20回以上は渡渉したと思う)、最初からそんな事では今日中に沢を突破出来ないと思い、ストックでバランスを取りながら慎重に渡渉した。やや緊張したが、とりあえず渡れた。僕は上ノ廊下で幾度もの渡渉を経験しているのだが、I君の方は沢の経験はそこそこで、これほどの渡渉をやった事はない。心配しながら様子を伺っていたのだが、すんなりと渡ってきた。やはり渡渉には足腰の力が要るのだと思う。

d0264710_21580616.jpg
雪解け水の冷たい沢を歩くのに、ユニ〇〇の半袖シャツというなめた服装の僕。転んで水に浸かってしまったらアウトだと思う。
しかし、いつものF社の沢シャツでは、尾根に出てからが暑すぎるし、このルートは服装の選択も難しい。

d0264710_22141300.jpg
上流へと進むと、徐々に川幅は狭くなり、巨石が増えてくる。

d0264710_22104972.jpg
千天出合の道標(の残骸)。かつて登山道があった事は分かる。よほど注意しないと見つけられないだろう。
見つけなくても、天上沢を遡上するのみなので、支障はないし、自然消滅するのも時間の問題と思われる。

d0264710_19540690.jpg
千天分岐を過ぎて、天上沢に入れば平凡な河原歩きぐらいに(勝手に)思っていたが、ここから先もしばらくは沢登りだった。
なんとなく踏み後はあるのだが、かなり不明瞭だ。

d0264710_20090876.jpg
天上沢に入って1時間半ほど進むと、徐々に穏やかな雰囲気になってくる。でも、まだ1時間ぐらいは歩くことになる・・・

d0264710_20172557.jpg
北鎌沢出合までは楽勝やと(勝手に)思っていたが、ここまでも十分大変だった。心配していた雨は遡行中には降らなかったが、この後、雨が降る事は予報や空模様から明らか。ツェルトを厳重に張って雨に備えた。



【2日目】
北鎌沢出合5:30-北鎌コル8:30ー独標基部11:30-独標上13:00-北鎌平18:00(泊)


d0264710_22091364.jpg
前日、北鎌沢出合には稜線を下って来た人たちが7-8組は居たと思うが、皆、夜明け前に出発して行ったようで、我々が取り付いたときには誰も居なかった。出合の真ん前は平らな場所が少なく、数パーティーが居る場合は快適なテン場の確保は恐らく難しいだろう。昨日、我々は300mほど下った場所に張ったのだが、これは正解であった。

d0264710_22220614.jpg
北鎌のコルまで、ひたすらの急登に3時間ほどかかった。先の事を考えて、ゆっくり登っては来たが、微妙に足場の悪い場所もあったりして、この時点で疲れた。予習のDVDでは、ここから北鎌尾根の本番が始まるかの様な雰囲気であったのだが、この調子では先が思いやられると思った。水は左股・右股の分岐で汲んだのだが、結局、コルの少し手前でも出ていた。これは時期や水量次第だと思う。


d0264710_22332183.jpg

(↑)北鎌尾根下部

d0264710_22443181.jpg
北鎌のコルから独標までは木々の間を抜けて行く感じだが、はっきりと道がある


d0264710_23172063.jpg

いよいよ独標が近づいて来た

d0264710_23180458.jpg


トラバースルートの途中にある有名なコの字型に削られている岩場。
足元は切れ落ちていて、先は奈落の底だ。I君は半泣きになっていた。

ここを通過した後、大半の人はそのままトラバースを続けていたが、
足元が悪く滑ったら死亡(実際、前を行く人が落ちかけて怖かった)
なので、我々は独票を直上した。


d0264710_21431837.jpg

しかし、直上のルート選択に失敗してザイルを出す羽目になり大幅に時間をロス・・・
そして、独標の上まで登ると、槍の先端が見えてくる・・・のだけど、ガスがあって微妙。


d0264710_22012185.jpg

(↑)P14ぐらい 千丈沢側の明瞭なトラバースルートに引き込まれるが、この先で完全に行き詰まり引き返す。
繰り返すアップダウンに疲れてきて、つい楽そうなトラバースルートを選んでしまったが、ここは完全にミスであった。

2度のルートミスが響いて北鎌平に着いたのは、17時半ぐらいになった。水も残っていたので、北鎌平に泊まる事にした。



【3日目】北鎌平5:00ー槍ヶ岳頂上7:00ー槍ヶ岳山荘8:00ー槍平小屋11:30ー新穂高温泉15:30

d0264710_22184934.jpg
山頂直下の稜線上でツェルト泊、シュラフ無しでは寒かったが、その甲斐があって、翌朝は快晴。


d0264710_22245897.jpg

快晴の清々しい朝日を浴びて山頂に向かう。

d0264710_22282739.jpg
d0264710_22302252.jpg
お盆休みの山頂は登山者で賑わっていた。山行前に読んだ記録などでは、山頂に居る人達から拍手で迎えられるとあったが、
僕は正に写真撮影をしているお堂の真裏から頭を出す事になり、邪魔になったので頭を引っ込めた。もちろん拍手などない。

とりあえず、我々も撮影待ちの列に並んで記念写真を撮った。僕はようやく槍ヶ岳に初登頂だ。

I君は、以前、会に入会する前の事だが、一般道で登った際に、北鎌から登って来た人を見て驚いたそうだ。
今回はそのルートを自分で登る事が出来て万感の思いとの事だった。


【後記】
やはり噂どおり、夏季の北鎌尾根そのものは技術的には大して困難な点はないと思う。ルートファインディングが必要な事と、あとは体力勝負だろう。通常の泊まり装備に加えて、沢の道具まで持って歩くのは結構しんどかった。最大限軽量化して17kg(水を含む)ぐらいだったが、思うようにスピードが出なかった。ライト&ファストが主流なのだろうか、大半の人は軽装備で歩いていた。

また湯股から行く場合は、ある程度、沢の経験がないと厳しいと思う。湯俣温泉のご主人によれば、昨年、釣り人が流されて亡くなっているとの事。
このルートに挑む人はめったにいないのだろうが、クラシックルートで行って正解であったと思う。あえて大変なルートで挑んでこその達成感もあろう。

我々のコンビは入会年も近く、沢、岩、雪と様々な山行を共にして、経験を積んできたのだが、へなちょこコンビが、よくあちこちへ行ったものだと思う。I君はしばらく(山は)育休に入る事になり、挑戦的な山行は難しいだろうが、様々な要素がある北鎌尾根クラシックルートは、(元来、素人に毛が生えた程度の)我々コンビの集大成としては大変満足なものとなった。

[PR]
by koberozan | 2017-09-23 23:33 | 沢のぼり | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan