神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

三瓶山ツアー

2015年11月21日~23日
メンバー 会員5名

悪天やメンバーの都合で、何回か流れた三瓶山。
ようやく行ってきました003.gif

d0264710_1225374.jpg






1日目
Sさんの超豪華キャンピングカーで、いざ!出雲の国へ
まずは、旧大社駅からスタートです。
重厚な、歴史を感じさせる建物です。
d0264710_12261949.jpg


懐かしのD51も有ります。
d0264710_1283978.jpg

途中、香ばしくておいしい出雲そばで昼食を済ませ、まずは古代歴史博物館を見学。出雲大社の歴史や、弥生時代の青銅器、大刀など見どころ満載です。
所々で、ガイドさんの説明に聞き入るうちに、1名迷子に!
時間も押してきてるし、山じゃないから行き倒れにもなるまい。
ほっといて、出雲大社に向かいます。

d0264710_12152253.jpg

立派なしめ縄ですね~
なんと、この日は、全国から八百万の神様が出雲の国に集まる日、神迎祭でした。
神事は夜7時からですが、沢山の人が参拝しています。
特に、女子は気合入ってました。
参道で、迷子も回収して、一路北の原キャンプ場へ
到着は7時ごろ、食事は8時ごろになってしまいました。
献立は寄せ鍋と、チーズフォンデュ、
超豪華な夕食、食担のYさん、準備ありがと~
いよいよ明日は、三瓶山縦走です。

2日目
リフトのある東の原登山口まで車で移動してから8:10に出発です。
d0264710_2252615.jpg

落ち葉を踏みしめながら、のんびり登って行くと、リフトの終点に到着。
ここで1番のリフトで登ってきた多くの人たちと一緒になりました。
どうも、ここまでリフトで登るのがスタンダードのようです。
ここから時計と反対廻りでカルデラを回ります。
まずは、アンテナが乱立する女三瓶山(953m)から登り始めます。

↓ 太平山から見た女三瓶山
d0264710_22291568.jpg


次は主峰の男三瓶山(1126m)です。
三瓶山というと、なだらかな笹原のイメージですが、これがなかなかの岩稜歩きとなる。
滑りやすい岩の痩せ尾根になっており、滑落による死亡事故も起きているそうです。

↓ 遠く、山頂の展望台が見える。
d0264710_225314.jpg

山頂手前には、きれいな避難小屋も有りました。
冬に訪れたい場所ですね。

男三瓶の山頂は展望がよく、山々が連なっていたが、山名が分かるのは大山ぐらい。ここから子三瓶へは、痩せ尾根こそないが滑りやすい岩場を300m近く下らなければならない。若手のYさんと、Sさんはピョンピョン身軽に下りていくが、ケガから復帰したところの私は、恐ろしくてへっぴり腰でモタモタ008.gif

↓ 男三瓶の劇下りを振り返る
d0264710_213466.jpg


d0264710_23304431.jpg


↓ 子三瓶から室ノ内をのぞく。向うに最初に登った女三瓶のアンテナが見える。あの右のコルまで縦走するんだ!
d0264710_2115495.jpg


子三瓶からは、孫三瓶、太平山と笹原と落ち葉の気持ち良い山歩きとなりました。ヤレヤレ

↓ カメラマンさん、上手ですね。ありがとうございました。
d0264710_23313083.jpg


d0264710_22595689.jpg


d0264710_23321432.jpg


14:30頃、東の原登山口まで帰ってきました。
それから、国民宿舎三瓶荘の温泉で汗を流してから、キャンプ場に戻りました。
その夜は、すき焼き。N家式と、仲居さん風、2ラウンドでしっかり食べ尽くしました。
心配していたお天気ですが、きれいな星空になりました。
八百万の神様、ありがとうございます072.gif

3日目
朝7時まで爆睡!
お天気が良いので、外のベンチで、Yさんの手作りサンドイッチをいただきました。
ちょっと油断したら、テントサイトに置いていた、レーションのパンとお米を、カラスさんに持っていかれてました!悔しいけど私のシュラフノビニール袋もつついていたけど無事だったので、良しとしよう。
Mさんが9時から、近くの三瓶小豆原埋没林でガイドさんを頼んでいたので、大急ぎで出発!
私は埋没林って何?って感じでしたが、そこに行って本当に驚き、感動しました。

d0264710_21583845.jpgここは1983年の圃場整備の時に出てきた1本の切株、その写真が発端となって発見された4000年前の林が発掘状態のまま展示された公園です。


展示棟の螺旋階段を下りていくと、そこに幾本もの巨木が太古の姿のままそびえたっています。

ガイドさんの説明でどうしてこんな物が出来て、どのような経緯で発見されたのか、とてもよくわかりました。幾重もの偶然が重なって、私たちがここの4000年前の空間に立っている事の不思議!感動!
見学時間は30分程度と聞いていましたが、いろいろ質問するものだから、1時間以上かかってしまいました。
ガイドさん本当にありがとうございました。

d0264710_2158444.jpg



すっかり埋没林に魅せられた私たちは、お土産に4000年前の杉で作ったキーホルダーなどGETして、次なる埋没林を目指す! と言っても、小豆原から移設された三瓶自然観サヒメルの巨大な根株なのですが、とにかく国宝「松江城」も袖に振って、ひたすら埋没林です。

↓ メンバー勢揃い!
d0264710_22572343.jpg


それから、玉造温泉で皆さんカニトロ丼、しじみ汁で昼食(アレルギーの私はハンバーグ007.gif)後、旅の汗を流して帰神しました。

今回、予想以上に山も観光も(特に埋没林!)素晴らしく、充実の3日間でした。
リーダーのMさん、食担のYさん、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。
[PR]
by koberozan | 2015-12-06 12:04 | ハイキング | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan