神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

四国・国領川水系・西種子川

9月20日(土) 晴れ
9月21日(日)曇り・晴れ・曇り・雨(夜)
参加者:会員4名


この夏の沢企画はほとんど悪天候で流れてしまい、今回の遠征(谷川連峰・利根川水系・湯檜曽川・東黒沢~宝川・ナルミズ沢)沢企画も雨予報・・・・。
でも、やっぱり沢に行きたい!とうことで、急きょ決めた代替の沢です。
当初予定していた沢は初級沢で、ナメのきれいな沢でしたが、代替企画は中級という事でちょっと緊張です。
泳ぎの苦手なOさんは、怖い!とちょっと尻込み気味でしたが、ロープでサポートしますという力強いリーダーの発言に、参加を決め、20日12時に4人で三ノ宮を出発。


 土砂崩れの為、車が進入できず、予定よりかなり手前から入渓地点まで歩くこととなりました。また、予定の入渓地点を見つけるのに、登ったり下ったりを繰り返し、かなりお疲れムードに・・・・。もっとしっかり遡行図や事前情報を集めておくべきだったと反省。

でも気を取り直し・・・・・遡行スタート!!

最初に見た「「魔戸ノ滝」は、流石にすばらしい滝でした。
これは滝だけ見ても、それだけの価値はある!というりっぱな滝。
d0264710_1726571.jpg


西種子川は、いくつもの滝がそれぞれ釜を従えた非常に美しい溪谷でした。
次から次へと現れる滝と釜・・・・。
d0264710_17272583.jpg


d0264710_17312075.jpg

d0264710_17322020.jpg


きれいな滝の下でお昼ご飯。
d0264710_17341555.jpg


でも、当たり前のことですが、りっぱな滝があるということは、高巻きがつきもの。
釜がるということは、泳いだりへつったりがつきものです。
d0264710_17345841.jpg

d0264710_17355429.jpg

トップは、やっぱりYさんに・・・・。いつもすみません!

d0264710_17373227.jpg

きれいにへつっていくOさん

車が進入できず、かなり時間的にロスをしたことと、入渓地点探しと高巻きが多くかなりヘロヘロ状態に・・・・。

でも、途中からは登れる滝も出現し、楽しく沢登りができました。
d0264710_17404620.jpg

d0264710_1741124.jpg


そして、なんとか1,050m地点で登山道に合流できそうだったので、遡行を打切り登山道へ。
暗くなる前に林道駐車場に到着できました。

次回は、西赤石山までつめたいな!!
前日は魚三昧、当日はすき焼き、帰りはMさんおすすめの讃岐うどん・・・・
がっつり食べて、今年最後の沢企画をしめました。
来年はいっぱい沢に行きたいな!!

やっぱり代替案企画はいろいろ準備など大変ですね。リーダーのMさん、装備や運転、当日のトップと何役もこなしてくださったYさん、同行していただいたみなさんに感謝します。
[PR]
Commented by 洗脳からの覚醒はの学問道場を見ろ! at 2018-05-14 11:16 x

アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、ウソ八百と見事な洗脳情報によって、思考停止状態にある日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 我々はハッ、と気付いて、いや、待てよ! と立ち止まり、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべての事柄を疑うべきなのだ!

by koberozan | 2014-10-05 18:09 | 沢のぼり | Comments(1)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan