神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

宝剣から空木岳 春山ロングルートは過酷だった!

小窓尾根に向けたトレーニング、第2弾は、宝剣から空木岳。
第1弾の3月西穂西尾根も厳しかったが、今回はかなりのロングルート。秋に木曽駒から2泊3日の行程で行ったことがあるが、アップダウンが激しく、しんどかった記憶があるだけに、宝剣からとは言え、雪山で1泊2日でいけるのか、当初から不安でいっぱいだった。
15時までに檜尾岳に到着しなければ、檜尾尾根を下山か、引き返すことになるが、どちらもしんどそうなのだ。

しかし、当日宝剣岳はすごくいい顔をして私たちを迎えてくれた
d0264710_1921028.jpg

碧い空と雪と宝剣岳

とにかく頑張ろう!
d0264710_1964840.jpg

鎖場を越える。

d0264710_1981443.jpg

ごつごつした岩山を越える。

d0264710_1994095.jpg

尾根をトラバースするOさん

途中今回もアクシゼントが・・・・・。
Iさんがピッケルを落としてしまった。大変だ!!
とにかく大切なピッケルなので回収に奈落の底?に・・・・。
d0264710_19123224.jpg
登り返してくるIさんに向かって「がんばれ!!」
しかし、ピッケルは遠く、結局回収できず登り返してきた。
Oさんのバイルを貸してもらい山行続行へ。













d0264710_19164785.jpg
Iさん、指が凍傷??
(いえいえ、これはグローブの色がついているだけです。)












なんどもアップダウンを繰り返し到着した檜尾岳
d0264710_19191041.jpg

到着14:30分 
かなりみんなお疲れでしたが、予定の木曽御殿山荘まで頑張りましょう!ということに。

d0264710_1956470.jpg

まだまだ先は長い。
d0264710_19571711.jpg

速いIさんはみんなを待つあいだのお休みタイム
d0264710_2001898.jpg

壮大な峰々が続く。

まだまだアップダウンが続き、暗くなり、ヘッドライトが必要な状況になってしまった。
最後はGPSを頼りになんとか山荘に到着。
もうみんなヘロヘロだった。
テントを設営し、Iさんが素早くきれいな雪を袋に入れ、もってきてくれた。(ありがとうございます)
夕御飯(ほっとする、ひと時です)
Iさんが「肉を食べんとな!」と今回もサラミソーセージを出してくれ、TOさんがおいしいチーズを出してくれた。
Oさんが宇宙食にもなった「きんぴらごぼう」を初公開。(こんなものも出てるんだ)

楽しいひと時もあっという間に終わり、早く寝なければ・・・・・。明日の行程も長い。
素早いIさんの掛け声で寝床の準備にかかる。

朝、風が強くTOさんはほとんど眠れなかったとのこと。(お疲れモード)
それに外はホワイトアウト状態で視界はあまり良くない。
いつもみんなに出遅れている私だが、今回アイゼンの紐が凍っていてうまく装着できず、さらに遅くなり、寒い中みんなを待たせてしまう。むっちゃ反省。(凍ってしまった時の対処法を学んだ)

視界が悪くルート選択が難しい。
それでもなんとか急登を登り空木岳頂上に到着。
d0264710_2032379.jpg

よく頑張りました!

あとは下るだけ・・・・と軽く考えていたが・・・・。

頂上で下山ルートの確認をしたのだが・・・・・これが間違っていた。
さらに途中GPSで確認したのに、そこでも現在地を間違い、最終間違いに気づいたのはかなり歩いてからだった。
メンタル的にもかなり落ち込み、登り返しに体力も使い、なんとか頂上に戻った。(2時間もロスしてしまった)
再度下山ルートを慎重に確認するが、進む方向は、1m先も見えないホワイトアウト状態。
もうGPSを頼りに進むしかない。1歩前も見えない状況で進むのに時間がかかる。
そして小地獄、大地獄の通過にかなり手こずった。ルート選択が難しく、雪壁やナイフリッジも登場した。
そして最後はグスグスの雪に足を取られた。
途中から雨も降り始め、池山から登山口、駐車場まで、雪はなくなったが、暗くなりルートがわかりにくく長かった。行けども行けども到着せず、無言で黙々と歩くしかなかった。何度かへこたれそうになったけれど、歩くしかなかった。21:00、やっと駐車場に到着。厳しい山行だった。4人で、ほんとうによく頑張ったと思う。今回もみんなのお陰で無事下山できた。ありがとうございました。
当初楽しみにしていた温泉も蕎麦もなかった。(悲しかった)
私が家についたのは2:30。Oさん、Iさん、お疲れの運転ありがとうございました。明日は月曜日です。

d0264710_2159458.jpg

今回のログ
[PR]
by koberozan | 2014-05-05 20:53 | 雪山登山 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan