人気ブログランキング |

神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ
2019年8月10日~8月12日 メンバー5人 N島、Y、H、M、N

【ルート)双六ダムー小倉谷出合(入渓)-双六小屋ー新穂高温泉

8月10日 7:15双六ダムー11:30小倉谷出合ー休憩ー12:00小倉谷出合入渓-17:40打込谷出合(泊)

8月11日 6:30発ー10:45センズ谷ー11:30下抜戸広河原ー14:40蓮華谷ー16:00 1800m(泊)

8月12日 6:00発ー8:00抜戸沢ー11:00 2350m二股-12:15双六小屋ー13:00発ー18:30新穂高温泉


名渓として名高い双六谷。かつて黒部五郎小舎で働いていた際、毎夜交わされる山の話の中で、黒部源流を取り巻く山や渓谷のことを聞いていた。黒部平からは笠ヶ岳の端正な三角形のシルエットがよく見える。そして、間を流れる双六谷の話はよく出ていた。水量の多い沢で荒れたら凄まじい。しかし、天気が良ければ大変美しい、壮大な沢であるとのこと。当時、沢登りの経験のなかった僕は、いつかそんな場所へ行ってみたいものだと思っていた。そして、それから6年が過ぎ、その機会を得る事が出来たのだ。


【8月10日】
双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18552585.jpg
前夜に神戸を出発し双六ダムに到着。昨年、小倉谷を遡行したときよりも駐車地が混んでいる。車を置けるのかと焦ったが、なんとかスペースを見つけ出す事が出来た。沢で他のパーティーに出会うことは稀である。しかしながら、今回ばかりは沢も混んでいるのだろうかなどと思ったが、結局は数組を見かけた程度で混雑とは無縁の世界であった。

台風が発生していることもあり、天気の心配はあったが、当日は快晴。下山予定の12日までは、なんとかなりそうな予報であった。快晴となれば必然的に気温が上がる。入渓地点までの4時間以上の林道歩きが恐ろしい。しかし、道が沢沿いにあるので、涼しい風が吹く。そして、所々に湧水があるので、冷やしながら歩けば、なんとかなる。ということを、昨年、学んだ。水は大事だ。
双六谷、下部より(2019年)_d0264710_19041648.jpg
お昼前に無事に小倉谷出合に到着。昨年よりは水量が多そうだ。しかし、昨年、小倉谷を遡行したときは、明らかに渇水だった。
そして、一昨日にも同地を見ているHによると、一昨日の大増水のときよりは、水が少ないとのこと。ちなみに、僕は一昨年(2017年)の同時期には、湯俣川を遡行して北鎌尾根に向かったのだが、かなり水量が多い年だったのだと思う。そんなことを合わせて考えると、おそらく今回の水量はやや少なめぐらいだろうか。
双六谷、下部より(2019年)_d0264710_19312123.jpg
事前に過去の記録などを下調べした感じでは、下部は右岸の踏み跡より高巻いて打込谷出合より入渓のパターンが多そうだった。
しかし、せっかく北アルプスの沢まで来て省略してしまうのはモッタイナイ。そんな物好きな僕の意見に、さらに物好きなHとYが賛成し、小倉谷出合より入渓となった。結果的に考えて、この判断は正解であった。双六谷は水量の多い泳ぎの沢。当然、下部の方が水量が多く、難易度も高い。打込谷が目的ならともかく、双六谷をやるのなら、ここを高巻いては沢の半分を飛ばしたようなものだろう。今回の水量ならば、迷わず下部からです。

双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18454790.jpg
Nさんの悪いロープ渡渉の見本(↑) 流されるときは上を向くのが基本です。水流を正面から受けていると溺れます。

出来れば、もう少し水量の多い時にやってみたかった。今回の水量ならば楽しく、へつり、泳ぎ、進むことが出来た。MとNはそうでもなさそうだったが・・・ そんな訳でロープを出す回数が増え、結構、時間がかかった。予定では16時頃には打込谷出合に着いているはずだったのだが。この沢なら多少は流されても危険ではないので、気にせず、さっさと進めば良かったと思う。

20mフローティングロープは有効であった。結局、今回の状況では50mは使っていない。闘将Hは50mを二本持って行く計画を立てていた。そして、危うく僕も50mを持たされるところであった。色々あってリーダーが僕に変わり、50mは闘将だけに押し付ける計画に変更、危険を際どく回避したのだ。このロングルートを濡れた50mを持って歩く体力は僕にはない。


双六谷、下部より(2019年)_d0264710_21184614.jpg
ひたすらエメラルドグリーンの激流を進む


双六谷、下部より(2019年)_d0264710_19272144.jpg
18時前に打込谷出合の手前まで辿り着けた。この辺りは、泊適地なので他にも数組が泊まっていた。





【8月11日】
双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18264471.jpg
今日の目標は抜戸沢出合。長い行程になる。初日の遡行に時間を要したことから、早めに出発したい。しかし、真夏とはいえ朝一で北アルプスの冷水に浸かるのは辛い。喧々諤々の議論・・・はしていないが、皆で話あって6時30分の出発となった。


双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18323407.jpg

センズ谷を過ぎると、川幅も広く、穏やかな様相となる。Mさんの顔も明るくなった。




双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18334682.jpg

ようやく稜線が見えてきた!! と喜んだが、よく考えたら、まだまだ遥か先だ・・・




双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18340019.jpg
まさに透き通るような水だ。穏やかな流れを気持ちよく歩く。闘将Hは、初日の水量の多い地帯が核心部分で、あとは消化試合などと言っている。彼の辞書に「渓谷美」などいう言葉はない。とりあえず、書き足したが、すぐ消えるだろう。



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18533736.jpg
枝沢のスケールが、いちいち大きい。そして綺麗だ。上ノ廊下を思い起こさせる雰囲気だ(穏やかな部分に限る)



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18595850.jpg
最低でも蓮華谷出合を超えるのが今日の目標だった。それは15時前にクリア出来たので、あとは良いテント場があれば、適宜、遡行終了の予定。蓮華谷から抜戸沢の間には適地が豊富だった。明日も長いので、16時で打ち切り。




【8月12日】

双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18060483.jpg

3日目も良い天気!! ここまで来たら水量は減るけど、まだまだ水はあります。全身が水に浸かるようなことはないので、朝一で6時に出発。下山の行程を考えたら、昼までには双六小屋に着きたい。



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18054226.jpg

抜戸沢出合を過ぎると、一気に源流の様相となる。もうすぐ双六池に着きそうな雰囲気・・・と見せかけて、沢はまだまだ続く。



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18244717.jpg

先頭を行くYさん。快調に飛ばしながら転倒。北アルプスだからゴム底でしょと、なんの迷いもなく靴を選んだのだ。これが源流に来てよく滑る。この沢は、滝の登攀がないのでフェルトで良かったかもしれない。



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18074705.jpg

一枚も記念写真を撮っていなかったことに気が付く。この沢を歩きながら、観光客に混じって池の前で記念撮影では残念なので、せめて水流があるうちに一枚。左端に野猿が入ってきた。Mさんは座っていると見せかけて、疲労困憊で座り込んでいるだけ。



双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18064237.jpg

                        ついに最後の二股




双六谷、下部より(2019年)_d0264710_18065596.jpg

快適な踏み跡を辿ると双六池に到着。小屋に着くと人が溢れていて驚く。突然、俗世間に帰ってきた気分。とはいえ、軽量化の為に柿ピーまで削り、3日目の序盤でレーションが尽きていた僕には、小屋で食べたカレーが劇的にうまかった。文明のありがたさは、文明を離れてこそ実感できるもの。神戸には多数のカレー店がありますが、双六小屋で食べたのが一番でした。3日沢を歩いたら、上手いカレーが食べられます。




【あとがき】
双六谷、名渓というに相応しい、うわさ通りに壮大な沢でした。同じ北アルプスということで、上ノ廊下に近い雰囲気もあり、トレーニングに最適な沢だと思います。2015年上ノ廊下に行くにあたり、トレーニングが出来る泳ぎの沢を探したが、関西では見つからなかった。こんなところにあったのか、という感じだ。ここまで、来ないと満足な練習も出来ないのか・・・

昨年は隣の小倉谷を遡行したのだが、双六とはタイプが違う。小倉谷は登攀の要素も少しある。今回のルートについて、闘将Hはちょろい沢だという、野猿Yは楽勝だという。M,Nは単に疲れ切って言葉もない。僕としては、最初の激流から、最後の一滴まで辿れる、全行程が美しい素晴らしい沢だと思う。


# by koberozan | 2019-09-21 10:34 | 沢のぼり

八ヶ岳文三郎尾根、敗退

春の八ヶ岳・赤岳-横岳-硫黄岳を縦走を計画、
メンバーはベテラン1名とこのルートは初めての3名(うち雪山初心者2名)でした。
天気予報は最悪でしたが、とりあえず行ってみることに。

2019年3月29日夜に神戸を出発、4時半ごろに八ヶ岳山荘に到着。
八ヶ岳山荘と車に別れて仮眠取った後、1日目はとりあえず赤岳鉱泉目指して9時に出発です。
天気予報は昼から崩れるとのことで昼頃の到着を目指しました。
予報が悪いためか、登山者はかなり少ないです。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08213449.jpg

12時半に赤岳鉱泉に到着し、テント設営しました。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08223959.jpg

アイスキャンディもこの週末で終わりだそうです。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08231492.jpg

早々に夕食開始。今回は仙台麩入りキムチ味噌鍋です♪
ごはんもおいしく炊けました。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08243789.jpg

雪はまあまあ降っていて、朝起きるとテント内のスペースが狭くなっていました。
降雪は40~50cm
この条件では縦走は厳しいとの判断で、文三郎尾根-赤岳-地蔵尾根へ変更。
5:20赤岳鉱泉を出発しまずは行者小屋へ。気温はマイナス5度。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08300092.jpg

地蔵尾根登り口で、けっこう吹雪いています。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08321754.jpg

文三郎尾根へと進みます。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08322895.jpg

文三郎尾根はずっとラッセル。
若者がガンガン進んでくれます104.png
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08344550.jpg


風も強く視界不良です。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08353588.jpg

この視界ではこの先の岩場のトラバースで滑落の危険があるとのリーダー判断により、8時25分、2615m地点で撤退することになりました。
撤退ポイントで記念撮影するも、顔や目にバチバチ雪が当たり痛い!カメラの方を向けない人も。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08372532.jpg
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08393379.jpg

文三郎尾根を降ります。途中、リーダーが初心者にアイゼンワークを指導したり。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08403656.jpg

行者小屋には9時10分に戻ってきました。
下山はあっという間。
今から阿弥陀北稜へ向かうパーティーに出会いましたが、後でお会いするとやはり早々に撤退されたようです。
ここからは時間が余ったので、行者小屋と赤岳鉱泉の間の斜面でトレーニングをしました。
ラッセルやスタンディングアックスビレイとか。
八ヶ岳文三郎尾根、敗退_d0264710_08442635.jpg

12時半頃にテントに戻り撤収
13時40分に赤岳鉱泉とお別れし、美濃戸口に15時40分到着です。
yatsugatake J&N さんで入浴、おいしいスイーツもいただき神戸へと帰りました。

今回は予定通りいかず残念でしたが、たくさん勉強になりました110.png
またリベンジしたいです101.png



# by koberozan | 2019-04-25 08:50 | 雪山登山
2019年3月2日、女子?メンバー2名で大山7合尾根にチャレンジしました。
2人とも雪のバリエーションルートは初めですが、大山北壁で7合尾根はもっとも簡単らしい。
今回登ったログです。
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08545175.png
ピッケル、バイル、スノーバー、ダブルロープなど、核心部でロープを出す準備も一応していきました。


8:42 スタート
スキー組と駐車場でお別れ
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08454692.jpg

大神山神社を抜けて
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08480207.jpg

犬?蛙?
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08480519.jpg

9:30 元谷です。ここにくると大山北壁が一望できました!
快晴です。神戸労山の別パーティーが先に滝沢リッジを登っているはず
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08504957.jpg

10:00 7合沢のはじまりのあたりです。
ここからやや左にトラバースしながら7合尾根に入りました。
トレースは途中あったりなかったり。
視界良好のおかげで迷わず進めました。
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08555734.jpg

尾根に乗るとまあまあ急斜面ですがロープを出すほどでもありません。
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08574191.jpg

横には8合尾根とかっこいい別山尾根がずっと見えていました。
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08582051.jpg
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08585188.jpg
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_22472623.jpg

夏道登山道の尾根を登っている登山者が見えます
もうすぐ合流
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_08595012.jpg

12:00 夏道登山道の稜線に合流
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_09004491.jpg

練習でロープを出そうかと思っていましたが、タイミングを逃し
夏道に出ると過剰装備な人たちとなっただけでした103.png
ここから時間があったので弥山へ向かいました。
12:30 弥山到着
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_09022704.jpg

少しだけ足をのばし剣が峰の方へ
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_09025358.jpg

13:00下山開始です。
13:30 6合目避難小屋から7合沢を下り駐車場へ
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_09033643.jpg

登りは間違えずに7合尾根をたどれましたが、下りは油断もしちょっとルートミスを105.png105.png
14:40 駐車場到着したら、滝沢リッジ組も山スキー組も下山していました。

このあとは9名でお楽しみの宴会111.png
みんなが下山後温泉で汗を流している間、お風呂も入らず副会長みずから新鮮な魚介類を仕入れに行き、自炊可能な宿ですぐにさばいて調理。
カニ、甘えび、のどくろ、カキ豪華料理を振舞ってもらいました167.png
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_07434623.jpg
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_07440678.jpg
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_07471370.jpg

夜更けまで楽しく飲んで食べて盛り上がりました♪

翌日は有志のみで帰りに鳥取砂丘観光へ。この斜面はいいトレになりますよ106.png
大山北壁7合尾根&カニスキ_d0264710_07495652.jpg



# by koberozan | 2019-04-25 07:52 | 雪山登山

春山合宿トレーニング

2019年ゴールデンウィークの春山合宿は涸沢ベースで穂高の山を楽しむ予定です。
4月21日、そのトレーニングを6名で行いました。

8:20宝塚駅発のバスに乗り(満員で、たくさんの登山者が同じバス停で降りました)、蓬莱峡へ。
まずは蓬莱峡で2パーティーに分かれてアイゼントレとロープワークの確認です。
春山合宿トレーニング_d0264710_09415991.jpg
アイゼンワークに自信がない初心者(私)のために、アイゼンをつけて何度も上ったり下りたり
トラバースしたり
春山合宿トレーニング_d0264710_09423520.jpg
11:30過ぎに終了し、その後本番の打ち合わせをしました。
車両や装備に食事の打ち合わせ、地形図、危険個所の情報共有、ロープを出す場合の判断など確認しあいました。
慌てておなかにエネルギーを注入した後は読図&歩荷のスタートです。
↓歩荷のために石をザックに入れようとしています。先輩、素晴らしいです!
春山合宿トレーニング_d0264710_09514235.jpg
12:30しるべ岩からスタートです。
春山合宿トレーニング_d0264710_09520852.jpg
読図は鬼リーダーから大谷左俣ルートへ行くとまさかの前夜に指示あり103.png103.png
真夜中まで地形図を読みこみ準備したおかげで、最初の分岐以外は迷わず行けました♪
春山合宿トレーニング_d0264710_09575475.jpg
途中、今は使用されていなさそうな小屋があったり
春山合宿トレーニング_d0264710_09575036.jpg
堰堤を何個も超えて沢を上り詰めるルートでした。
春山合宿トレーニング_d0264710_09575871.jpg
14:30ここで六甲山全山縦走路となっている車道にでました。
春山合宿トレーニング_d0264710_09580352.jpg
ここで石をザックに入れた鏡のはずの先輩ともう一名が、理由をつけて宝塚方面へ逃げていき、
残り4名で岡本までひたすら地獄の歩荷です。
春山合宿トレーニング_d0264710_10052914.jpg
大谷乗越→六甲山頂→岡本駅は標準コースタイムの0.9掛けで約5時間です。
なんとか日が暮れるまでにたどり着けるか?!という感じで出発です。
ここからまだまだ上りです。
予想以上に暑く凍らせた飲み物が欲しかったです。
16:30頃一軒茶屋に到着。
期待していた一軒茶屋のかき氷も、シャッターが下りていてありつけず、
とりあえず30分近く大休憩してお腹を満たしました。
17:00前に出発、ここからは下り~。

コバノミツバツツジが満開です。
春山合宿トレーニング_d0264710_10053472.jpg
風吹岩ではイノシシがクロネコの方へ。イノシシをチラ見して逃げるクロネコ
春山合宿トレーニング_d0264710_13151595.jpg
18:45なんとか明るいうちに保久良神社到着、ここからは街頭があるので安心
春山合宿トレーニング_d0264710_10054034.jpg
岡本駅には19時12分に到着しました。
汗だく、へとへとですがなかなか充実したトレでした♪
最後はリーダーお楽しみの餃子の王将でみんなで一杯飲んで食べて終了179.png





# by koberozan | 2019-04-23 13:22 | トレーニング

2019年のロッククライミング教室が開催されました。


①314日(木)19時から座学をスタート。

受講生は一般8名、会員3名の11名、スタッフ5名でした。

内容は教室の意義・目的やクライミングに必要な装備の最新知識、実技参加にあたり必要なロープ結びを確認しました。

また終了時に2名が入会してくれました

2019年ロッククライミング教室_d0264710_02354043.jpg

②317日(日)スタッフトレーニング 王子登山研修所 事故を絶対に起こさないように!! スタッフで事前トレーニング。手順や支点の作り方の統一するなど、小雨が降る中頑張りました。

2019年ロッククライミング教室_d0264710_02401813.jpg

③330日(土) 実技1日目 王子登山研修所 

受講生11名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

途中から小雨が降りだしましたが、なんとか最後まで行うことができました。

初めての実技。ビレイは難しい!!

2019年ロッククライミング教室_d0264710_02370574.jpg

④47日(日) 実技2日目 六甲山 キャッスルウォール  

  受講生11名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

この日は快晴で桜も満開。

初めての外岩でドキドキの受講生がほとんど、でも前回より受講生のみなさん上手になっていました。

2019年ロッククライミング教室_d0264710_02373259.jpg

⑤413日(土) 実技3日目 裏六甲山 蓬莱峡 

受講生10名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

最後の実技の日も快晴。

前回よりさらにみなさん上手になっていて、果敢に岩にトライしていました!

事故なく終了することができ良かったです。

終了後は宝塚駅近くの居酒屋さんで懇親会♪

2019年ロッククライミング教室_d0264710_02375846.jpg



# by koberozan | 2019-04-17 02:44 | 教室・講座

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan