人気ブログランキング |

神戸労山 山旅ブログ

koberozan.exblog.jp
ブログトップ

八ヶ岳文三郎尾根、敗退

春の八ヶ岳・赤岳-横岳-硫黄岳を縦走を計画、
メンバーはベテラン1名とこのルートは初めての3名(うち雪山初心者2名)でした。
天気予報は最悪でしたが、とりあえず行ってみることに。

2019年3月29日夜に神戸を出発、4時半ごろに八ヶ岳山荘に到着。
八ヶ岳山荘と車に別れて仮眠取った後、1日目はとりあえず赤岳鉱泉目指して9時に出発です。
天気予報は昼から崩れるとのことで昼頃の到着を目指しました。
予報が悪いためか、登山者はかなり少ないです。
d0264710_08213449.jpg

12時半に赤岳鉱泉に到着し、テント設営しました。
d0264710_08223959.jpg

アイスキャンディもこの週末で終わりだそうです。
d0264710_08231492.jpg

早々に夕食開始。今回は仙台麩入りキムチ味噌鍋です♪
ごはんもおいしく炊けました。
d0264710_08243789.jpg

雪はまあまあ降っていて、朝起きるとテント内のスペースが狭くなっていました。
降雪は40~50cm
この条件では縦走は厳しいとの判断で、文三郎尾根-赤岳-地蔵尾根へ変更。
5:20赤岳鉱泉を出発しまずは行者小屋へ。気温はマイナス5度。
d0264710_08300092.jpg

地蔵尾根登り口で、けっこう吹雪いています。
d0264710_08321754.jpg

文三郎尾根へと進みます。
d0264710_08322895.jpg

文三郎尾根はずっとラッセル。
若者がガンガン進んでくれます104.png
d0264710_08344550.jpg


風も強く視界不良です。
d0264710_08353588.jpg

この視界ではこの先の岩場のトラバースで滑落の危険があるとのリーダー判断により、8時25分、2615m地点で撤退することになりました。
撤退ポイントで記念撮影するも、顔や目にバチバチ雪が当たり痛い!カメラの方を向けない人も。
d0264710_08372532.jpg
d0264710_08393379.jpg

文三郎尾根を降ります。途中、リーダーが初心者にアイゼンワークを指導したり。
d0264710_08403656.jpg

行者小屋には9時10分に戻ってきました。
下山はあっという間。
今から阿弥陀北稜へ向かうパーティーに出会いましたが、後でお会いするとやはり早々に撤退されたようです。
ここからは時間が余ったので、行者小屋と赤岳鉱泉の間の斜面でトレーニングをしました。
ラッセルやスタンディングアックスビレイとか。
d0264710_08442635.jpg

12時半頃にテントに戻り撤収
13時40分に赤岳鉱泉とお別れし、美濃戸口に15時40分到着です。
yatsugatake J&N さんで入浴、おいしいスイーツもいただき神戸へと帰りました。

今回は予定通りいかず残念でしたが、たくさん勉強になりました110.png
またリベンジしたいです101.png



# by koberozan | 2019-04-25 08:50 | 雪山登山 | Comments(0)
2019年3月2日、女子?メンバー2名で大山7合尾根にチャレンジしました。
2人とも雪のバリエーションルートは初めですが、大山北壁で7合尾根はもっとも簡単らしい。
今回登ったログです。
d0264710_08545175.png
ピッケル、バイル、スノーバー、ダブルロープなど、核心部でロープを出す準備も一応していきました。


8:42 スタート
スキー組と駐車場でお別れ
d0264710_08454692.jpg

大神山神社を抜けて
d0264710_08480207.jpg

犬?蛙?
d0264710_08480519.jpg

9:30 元谷です。ここにくると大山北壁が一望できました!
快晴です。神戸労山の別パーティーが先に滝沢リッジを登っているはず
d0264710_08504957.jpg

10:00 7合沢のはじまりのあたりです。
ここからやや左にトラバースしながら7合尾根に入りました。
トレースは途中あったりなかったり。
視界良好のおかげで迷わず進めました。
d0264710_08555734.jpg

尾根に乗るとまあまあ急斜面ですがロープを出すほどでもありません。
d0264710_08574191.jpg

横には8合尾根とかっこいい別山尾根がずっと見えていました。
d0264710_08582051.jpg
d0264710_08585188.jpg
d0264710_22472623.jpg

夏道登山道の尾根を登っている登山者が見えます
もうすぐ合流
d0264710_08595012.jpg

12:00 夏道登山道の稜線に合流
d0264710_09004491.jpg

練習でロープを出そうかと思っていましたが、タイミングを逃し
夏道に出ると過剰装備な人たちとなっただけでした103.png
ここから時間があったので弥山へ向かいました。
12:30 弥山到着
d0264710_09022704.jpg

少しだけ足をのばし剣が峰の方へ
d0264710_09025358.jpg

13:00下山開始です。
13:30 6合目避難小屋から7合沢を下り駐車場へ
d0264710_09033643.jpg

登りは間違えずに7合尾根をたどれましたが、下りは油断もしちょっとルートミスを105.png105.png
14:40 駐車場到着したら、滝沢リッジ組も山スキー組も下山していました。

このあとは9名でお楽しみの宴会111.png
みんなが下山後温泉で汗を流している間、お風呂も入らず副会長みずから新鮮な魚介類を仕入れに行き、自炊可能な宿ですぐにさばいて調理。
カニ、甘えび、のどくろ、カキ豪華料理を振舞ってもらいました167.png
d0264710_07434623.jpg
d0264710_07440678.jpg
d0264710_07471370.jpg

夜更けまで楽しく飲んで食べて盛り上がりました♪

翌日は有志のみで帰りに鳥取砂丘観光へ。この斜面はいいトレになりますよ106.png
d0264710_07495652.jpg



# by koberozan | 2019-04-25 07:52 | 雪山登山 | Comments(0)

春山合宿トレーニング

2019年ゴールデンウィークの春山合宿は涸沢ベースで穂高の山を楽しむ予定です。
4月21日、そのトレーニングを6名で行いました。

8:20宝塚駅発のバスに乗り(満員で、たくさんの登山者が同じバス停で降りました)、蓬莱峡へ。
まずは蓬莱峡で2パーティーに分かれてアイゼントレとロープワークの確認です。
d0264710_09415991.jpg
アイゼンワークに自信がない初心者(私)のために、アイゼンをつけて何度も上ったり下りたり
トラバースしたり
d0264710_09423520.jpg
11:30過ぎに終了し、その後本番の打ち合わせをしました。
車両や装備に食事の打ち合わせ、地形図、危険個所の情報共有、ロープを出す場合の判断など確認しあいました。
慌てておなかにエネルギーを注入した後は読図&歩荷のスタートです。
↓歩荷のために石をザックに入れようとしています。先輩、素晴らしいです!
d0264710_09514235.jpg
12:30しるべ岩からスタートです。
d0264710_09520852.jpg
読図は鬼リーダーから大谷左俣ルートへ行くとまさかの前夜に指示あり103.png103.png
真夜中まで地形図を読みこみ準備したおかげで、最初の分岐以外は迷わず行けました♪
d0264710_09575475.jpg
途中、今は使用されていなさそうな小屋があったり
d0264710_09575036.jpg
堰堤を何個も超えて沢を上り詰めるルートでした。
d0264710_09575871.jpg
14:30ここで六甲山全山縦走路となっている車道にでました。
d0264710_09580352.jpg
ここで石をザックに入れた鏡のはずの先輩ともう一名が、理由をつけて宝塚方面へ逃げていき、
残り4名で岡本までひたすら地獄の歩荷です。
d0264710_10052914.jpg
大谷乗越→六甲山頂→岡本駅は標準コースタイムの0.9掛けで約5時間です。
なんとか日が暮れるまでにたどり着けるか?!という感じで出発です。
ここからまだまだ上りです。
予想以上に暑く凍らせた飲み物が欲しかったです。
16:30頃一軒茶屋に到着。
期待していた一軒茶屋のかき氷も、シャッターが下りていてありつけず、
とりあえず30分近く大休憩してお腹を満たしました。
17:00前に出発、ここからは下り~。

コバノミツバツツジが満開です。
d0264710_10053472.jpg
風吹岩ではイノシシがクロネコの方へ。イノシシをチラ見して逃げるクロネコ
d0264710_13151595.jpg
18:45なんとか明るいうちに保久良神社到着、ここからは街頭があるので安心
d0264710_10054034.jpg
岡本駅には19時12分に到着しました。
汗だく、へとへとですがなかなか充実したトレでした♪
最後はリーダーお楽しみの餃子の王将でみんなで一杯飲んで食べて終了179.png





# by koberozan | 2019-04-23 13:22 | トレーニング | Comments(1)

2019年のロッククライミング教室が開催されました。


①314日(木)19時から座学をスタート。

受講生は一般8名、会員3名の11名、スタッフ5名でした。

内容は教室の意義・目的やクライミングに必要な装備の最新知識、実技参加にあたり必要なロープ結びを確認しました。

また終了時に2名が入会してくれました

d0264710_02354043.jpg

②317日(日)スタッフトレーニング 王子登山研修所 事故を絶対に起こさないように!! スタッフで事前トレーニング。手順や支点の作り方の統一するなど、小雨が降る中頑張りました。

d0264710_02401813.jpg

③330日(土) 実技1日目 王子登山研修所 

受講生11名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

途中から小雨が降りだしましたが、なんとか最後まで行うことができました。

初めての実技。ビレイは難しい!!

d0264710_02370574.jpg

④47日(日) 実技2日目 六甲山 キャッスルウォール  

  受講生11名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

この日は快晴で桜も満開。

初めての外岩でドキドキの受講生がほとんど、でも前回より受講生のみなさん上手になっていました。

d0264710_02373259.jpg

⑤413日(土) 実技3日目 裏六甲山 蓬莱峡 

受講生10名・スタッフ11

実施内容 ①トップロープでのクライミングとビレー ②懸垂下降

最後の実技の日も快晴。

前回よりさらにみなさん上手になっていて、果敢に岩にトライしていました!

事故なく終了することができ良かったです。

終了後は宝塚駅近くの居酒屋さんで懇親会♪

d0264710_02375846.jpg



# by koberozan | 2019-04-17 02:44 | 教室・講座 | Comments(0)
2019年2月16-17日は冬山教室最後の実技となる修了山行へ。
最初の予定は伊吹山で1泊の予定でしたが、ほぼ雪がないとの情報により
急遽、荒島岳に変更となりました。

受講生2名、スタッフ4名で勝原スキー場跡地より9:00頃スタート。
登り始めは気温高めで汗をかきながらでしたが、雪は十分にありました。

d0264710_02095420.jpg
3時間程でテント泊予定地のシャクナゲ平に到着。
すでにテントがあったので少し降りたところにテントを張りました。
前回に引き続き2回目のテント泊なので、素早く設営できました。
ガスって気温も下がってきたので、この日は早々にテントの中で宴会モードに。

翌日は3:00起床、早朝5:30頃スタートです。
まだ真っ暗な中ヘッドランプをつけて山頂を目指します。
いきなり核心部のもちが壁がでてきます。
受講生の中には暗闇の山の中を歩くことが初めてで、
しかも急な雪の斜面をアイゼンで登らなくてはいけない状況。
なかなか上手く足がすすみませんでしたが、アイゼンワークを指導しながら
頑張っていただきました。
d0264710_02222296.jpg
山頂には7:00頃到着。
徐々に夜が明けてきましたが、残念ながらガスっていて、山頂でもまったく景色はみれず。
d0264710_02233058.jpg
山頂からの下山時は完全にホワイトアウト状態となり、ルートファインディングの練習になりました。
d0264710_02245480.jpg
その後徐々に晴れてきて、8:00頃にテント場に戻ると青空が
d0264710_02271278.jpg
テント撤収後9:15頃に下山開始。
下山時は遠くの山々も見ることができて、雪山ならではの絶景を味わえました♪
d0264710_02294094.jpg
11:00過ぎに登山口に無事下山。
実りある教室になりました。
帰りは温泉とおいしいお蕎麦屋さんに寄って、神戸へと帰りました。
d0264710_02305467.jpg

# by koberozan | 2019-04-17 02:31 | 教室・講座 | Comments(0)

ハイキング、沢、雪山、クライミングなどの山行レポートです。HPは「神戸勤労者山岳会」で検索ください。


by koberozan